「BTS(防弾少年団)」のJUNG KOOKが米国有数の音楽授賞式のトロフィーを追加した。

JUNG KOOKは18日(現地時間)、米カリフォルニア州サンタモニカで開催された「2024ピープルズ・チョイス・アワード(2024 People's Choice Awards)」で「今年の男性アーティスト(The Male Artist of the Year)」を受賞した。

2022年に発売されたチャーリー・プースとのコラボ曲「Left and Right(Feat.Jung Kook of BTS)」で直前(2022年)の授賞式にて「今年のコラボレーションソング」を受賞したJUNG KOOKは、2回連続で「ピープルズ・チョイス・アワード」のトロフィーを獲得した。 「今年のコラボレーションソング」受賞当時、JUNG KOOKはK-POPソロアーティストとして初めてこの授賞式で受賞する道しるべを立てた。

今年の「ピープルズ・チョイス・アワード」の「今年の男性アーティスト」部門では2023年米国ビルボード「ホット100」で最も多く1位を占めたモーガン・ウォーレン(Morgan Wallen)、昨年世界最大音源ストリーミングプラットフォームSpotifyグローバルチャートで最も多く再生されたアーティスト2〜4位のバッド・バニー(Bad Bunny)、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、ドレイク(Drake)などポップスターたちが競合した。

JUNG KOOKは昨年、初のソロシングル「Seven(feat.Latto)」を発表し、公式ソロ活動に乗り出した。 彼はまた別のソロシングル「3D(feat. Jack Harlow)」とソロアルバム「GOLDEN」などを出し、海外の様々なチャートで注目すべき成績を上げ、名実共に「グローバルポップスター」として位置づけられた。

一方、JUNG KOOKは4月1日に開催される米国「2024アイハートラジオミュージックアワード(iHeart Radio Music Awards 2024)」で「ベストミュージックビデオ(Best Music Video)」「フェイバリットデビューアルバム(Favorite Debut Album)」「今年のK-POPアーティスト(Kpop Artist Of The Year)」、「今年のK-POPソング(Kpop Song Of The Year)」など計4部門で受賞に挑戦する。