俳優チョ・スンウが、キム・ヘス、イ・ビョンホンとの共演について語った。

3日YouTubeチャンネル「妖精ジェヒョン」には「貴重だ…スンウの初YouTube出演」というタイトルの映像が掲載された。

公開された映像の中では、俳優チョ・スンウがチョン・ジェヒョンの家に尋ねてくる。チョン・ジェヒョンの愛犬ヘドゥムへのプレゼントも準備してきたチョ・スンウは、ヘドゥムが学校に行ったと聞いて残念がった。

最近ミュージカル「オペラ座の怪人」を終えたチョ・スンウ。チョン・ジェヒョンは「音楽もそうだし、演技を見ながらどっぷりはまった。思わず涙が出た」と感想を伝えた。

2000年にミュージカルデビューしたチョ・スンウは「アンコールをシーズンごとにやった。そのため作品数が増えなかった感じがする」と打ち明けた。40代になってから「オペラ座の怪人」で初めて主演賞をもらったチョ・スンウは「この作品は私の音域帯ではなかった。期間だけ見ると2年以上の時間をかけた」と説明した。

108回公演まで終えたチョ・スンウは、「賞をもらって運がいい。40代に私のミュージカル人生第2幕が始まったのかと思った」と感想を明かした。公演を準備しながら風邪や鼻炎に苦しんだチョ・スンウは、初公演のカーテンコールの後、俳優同士で抱き合って泣いたという。

続いてチョ・スンウは「私は代役専門の俳優だ」と笑わせ、「私は体調も崩さない。良くも悪くもない」と付け加えた。

映画「春香伝」でデビューし、「タチャ イカサマ師」でスターダムにあがったチョ・スンウ。これについてチョ・スンウは「自分の年齢を低く見たり高く見たりする。『タチャ イカサマ師』のチェ・ドンフン監督がキャラクターを全て作ってくれた。新人同志のシナジーが出た」と伝えた。それと共に「ヘスさんはむしろ怖がっていた。だから『撃てるよ』と言った。大変だったけど楽しく撮影した」と笑った。

また「インサイダーズ/内部者たち」ではイ・ビョンホンと親しくなろうと努力したという。彼は「ビョンホンさんは私にため口で話さなかったので、これではいけないと思って私の方から先に話しかけた」と明らかにした。すると「ビョンホンさん(のアクションシーン)が本当に強くなった。容赦ない。私が見た人の中でアクションシーンが一番うまいと思う」と説明した。

初めてのドラマだった「馬医」の台本が遅くて、台詞を覚えてではなく見ながら演技したというチョ・スンウ。「馬医」でその年の最優秀賞から大賞まで受賞した彼は「その時誰が見ても『光と影』でアン・ジェウクさんが大賞のはずだったのに私が受賞して、拒否することもできなかった」と、当時の罪悪感を今でも持っていることを告白した。

最後にチョ・スンウは「私は今、仕事が無い。無期限休業に入った。ファンの皆さんは私がどうしているのかずっと気になっていらっしゃると思うので、この映像を通して少しでも私を見てほしい」とメッセージを残した。