2019年11月13日(水)、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)で開催された「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019(表参道ヒルズ クリスマス 2019)」の点灯式に、女優の山本美月が登場した。


黒の大人系ロングドレスをまとい、胸元には美しいジュエリーを着けて登場した山本。

「Brilliant Aqua Tree〜水の魔法にいざなわれるクリスマス〜」をテーマにデザインの視点を取り入れたイルミネーションを展開中の表参道ヒルズでは、本館 吹抜け大階段に約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリーが登場。

山本が、そのツリーの前に置かれた水槽に水を注いだのを合図に、約3分間(期間中は30分ごとに約5分間)の特別演出を報道陣に初公開。

音と光に合わせた特別演出では、音楽の盛り上がりとともにダイナミックに変化するなど、
訪れた人を魅了した。

今回点灯式に初参加の山本は、「実は、事務所が表参道に近いので
よく訪れるのですが、その中心にある施設で点灯式ができるなんて、とても感激しています。」
と喜びを語った。

また特別演出については、「吸水性ポリマーという素材を使って表現するなんて、
本当に面白いですね。こんなにデザイン性の高いツリーは見たことがないです。」とコメント。

今年のクリスマスについては、「インスタ映えにはまっている母を連れて、点灯式を行なった表参道ヒルズに一緒に来たいと思います。ぜひみなさんも大切な人とデザイン性豊かなツリーを見に来てください。」と語った。

表参道ヒルズでは新たな取組みとして2017年よりアートを取り入れたクリスマスイルミネーションに挑戦中。
今年は、コンテンポラリーデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用し、「水」の特性を活かしたイルミネーションを展開している。ツリーを囲む約40個の特殊な水槽には、日用品などで使用される「吸水性ポリマー」を投入。各水槽の水位をランダムに調整することで、水槽の面によってツリーが見え隠れし、水量の増減や見る場所、時間によって表情が変化する様は、
まさに水の魔法にいざなわれるよう。

約5分間の特別演出では、音と光の演出と共にクリスマスツリーの
見え方がダイナミックに変化するなど、独創的なイルミネーションが楽しめる。
(※点灯時間は11時〜23時。今日〜12月25日(水)まで開催。)

また館内では表参道ヒルズ限定商品を販売するほか、飲食店10店舗が、冬にぴったりのチョコレートを
使用したクリスマス限定スイーツを提供中。人気のパフェや野菜を使った個性豊かなチョコレートスイーツ
を味わうことができる。