先ごろ発売された椎名林檎のベストアルバム『ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜』がセールス・チャートを賑わす中、盟友宇多田ヒカルを招き制作された「浪漫と算盤」のアザー・バージョン「浪漫と算盤 TYO ver.」(読み:ろまんとそろばん トウキョウ バージョン)を来週11月25日(月)より配信開始する。

今年5月にリリースされたアルバム『三毒史』についてのインタビューで、「宇多田ヒカルが陽であり自身が陰」と語った椎名が、「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」以來、再びの共演にあたり書き下ろした楽曲「浪漫と算盤」。ベストアルバム『ニュートンの林檎』のオープニングを飾る1曲は、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と共にアビイ・ロード・スタジオで録音した「浪漫と算盤 LDN ver.」(洋題:The sun&moon in london)として発表された。


そしてこの度、ロンドンレコーディング・バージョンに加え、「浪漫と算盤 TYO ver.」(洋題:The sun&moon in tokyo)がリリースされる。

TYO ver.は、椎名林檎のツアーメンバーとしてお馴染みのdrums.みどりん、bass.鳥越啓介、guitar.名越由貴夫、key.ヒイズミマサユ機の演奏を写実的に収録。LDN ver.とは趣きの異なるバンドサウンドで、現代のトーキョー・サウンドを体現している。


椎名林檎と宇多田ヒカル「浪漫と算盤 TYO ver.」
2019.11.25配信!
<linkfire> https://umj.lnk.to/tsmtyolink
浪漫と算盤 TYO ver. (The sun&moon in tokyo)
作詞作編曲 椎名林檎
歌唱 椎名林檎と宇多田ヒカル