12月8日、川崎クラブチッタにて「hide Birthday Party 2019」が開催された。このイベントのチケットはソールドアウトで凄まじい盛り上がりをみせた。WWSチャンネルでは、SPEED OF LIGHTSのライブレポートをお届けする。

hideが設立したLEMONeDレーベルに所属していたshame。同バンドのヴォーカルだったCUTTを中心に、2016年に結成された宇宙バンドがSPEED OF LIGHTS。フロアから沸きだした熱い手拍子。SPEED OF LIGHTSのライブは、バックビートの効いたエレクトロでエモーショナルなロックナンバー「Fusen Asteroid」からスタート。心地好いグルーヴを描きながら、彼らはフロア中の人たちの掲げた右手を大きく左右に揺らし、その身体を陶酔の世界へと導き出した。スペイシーながらも、火照った人肌のような温もりを彼らの楽曲や演奏、歌声に覚えるのも、SPEED OF LIGHTSのメンバーたちが仲間たちとの距離を近づけようと想いの手を差し出していたからだ。

【ライブレポート】SPEED OF LIGHTS、hideの名曲を歌詞×楽曲でマッシュアップし届ける!<hide Birthday Party 2019>
演奏は、熱と輝きを持って一気に走り出した。SPEED OF LIGHTSは、バンドのテーマ曲「Speed of Lights」を相棒に、観客たちをパーティへ誘い出す。その呼びかけに、笑顔を浮かべ"楽しい"と手を伸ばす観客たち。ワクワクと弾む心が、どんどん膨らみ続ける。この幸せな熱を、ずっとずっと抱きしめていたい気分だ。
続いてhideの楽曲をマッシュアップした 「hide Nonstop Mashup Mix」を演奏。ここでは、hideの曲をメドレー化。ただし、普通のメドレーにしないところがSPEED OF LIGHTSらしさ。「hideの楽曲を発掘した宇宙人が、曲と歌を別々に重ね合わせ1曲にした」という体で、彼らは楽曲を披露。「ピンク スパイダー×ROCKT DIVE」というスタイルのもと、「ピンク スパイダー」の楽曲へ「ROCKET DIVE」の歌(歌詞とメロディ)を乗せて届けるなど、いわゆるマッシュアップスタイルでSPEED OF LIGHTSはhideの楽曲たちを次々とメドレー化。「Hi - Ho」「50% & 50%」「Sadistic Desire」など、hideの名曲たちが1曲の中で巧みに重なり合い、とても不思議な、でも心地好い楽曲として胸に、身体へ刺激を与えてゆく。観客たちも、慣れ親しんだ歌を2曲一気に味わえる喜びを素直に楽しんでいた。


「ラッシー×4」と熱い叫び声がフロア中に飛び交ったのが、「DICE」「DOUBT」ナンバー。続く「TELL ME」「ever free」を通した、胸を弾ませるワクワク感など、「ひねりを効かせた遊び心の数々を次々解き放つSPEED OF LIGHTSの演奏に、誰もが「次は何が飛びだすのか」とワクワクしながら、マッシュアップした曲の数々を楽しんでいた。

最後に、SPEED OF LIGHTSは、スケールあふれるスペイシーでハートフル/雄大でエモーショナルな「Supernova」を披露。フロア中の人たちを温かい熱を持って包み込み、みんなで楽しさを分かち合っていった。


(取材/文:長澤智典)