12月8日、川崎クラブチッタにて「hide Birthday Party 2019」が開催された。このイベントのチケットはソールドアウトで凄まじい盛り上がりをみせた。WWSチャンネルでは、DJ-INAのライブレポートをお届けする。

hide with Spread Beaverのメンバーとして。そしてhideの楽曲の共同プロデューサーとして重要なブレインとなっていたのがDJ-INA。今回もDJ-INAは,世界初アニメちっくアイドルとして活動しているDJ-桃知みなみをゲストに迎えDJ PLAY。この日は12月12日がDJ-INAの誕生日ということで、サプライズでCUTT(SPEED OF LIGHTS)やTAKA(defspiral)らがバースデーケーキを持ってお祝いに登場。

ワインを口に含みながら始めたDJ-INAのPLAYは「CELEBRATION」からスタート。会場に足を運んだ人たちにとっては、身体に染みついた歌はかりが飛びだすので、DJ-INAの煽りにも刺激を受け、大勢の人たちがhideの人形を振りかざし、時に拳を振り上げはしゃいでいた。
この日は、「MISCAST」「DAMAGE」「SCARS ON MELODY」「子 ギャル」「ever free」「MISERY」という選曲でPLAY。曲が変わるごとにDJ-INAが煽れば、その想いに観客たちも熱をぶつけてゆく。そこに生まれていたのは、CLUBではなくライブハウスの雰囲気だったところがhideのPARTYらしい。


そして、もう一つのポイントが「子 ギャル」からDJ-桃知みなみがDJに参加したこと。その洒落っ気がイカす「ever free」「MESERY」の流れで会場中がhideの歌声に合わせ一緒に歌い騒いでいたのは言うまでもないこと。DJ-INAとDJ-桃知みなみのDJ PLAYは、楽しい刺激を与えてくれた。


(取材/文;長澤智典)