12月12日、女優の米倉涼子がアンバサダーを務める株式会社シードがブライアンホールデン視覚研究所と共同開発した日本初・医療発となる新しい遠近両用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード1dayPure EDOF」の商品発表会に出席した。

米倉が同社のCMに出演するのは約20年ぶり。発表会では当時のCMを上映し撮影時のエピソードを振り返りながら、新CMについても語った。また、オリンピック・パラリンピックイヤーを迎える2020年、米倉はこの目で観戦したいと思いを語り、興味ある競技ついて次々と名前を挙げた。