2月18日(火)と19日(水)に東京・Zepp TOKYOにて開催されている『ROCK AX Vol.4』。初日となる18日(火)のステージにレゲエパンクバンド・SiMが出演した。


【ライブレポート】SiM、いくつもの切り口から見出すフロア席巻のライブパフォーマンス!<ROCK AX Vol.4>

SEがZepp Tokyoに流れると早くもオーディエンスのボルテージが上昇する。早くもフロアを我が物としたSiMは『Get up, Get up』からライブをスタート。ヴォーカル・MAHから繰り出される激しいシャウトにオーディエンスは早くもヘッドバンキングで身体を預ける。そのまま『A』、『Amy』へとセットリストが進むに連れてフロアの熱量は急上昇した。

【ライブレポート】SiM、いくつもの切り口から見出すフロア席巻のライブパフォーマンス!<ROCK AX Vol.4>

「『ROCK AX』ヨロシク!」と全方位のオーディエンスへ向けてMAHが煽っていく。高まるテンションを『Fall In Love With You』で補完し、「手を挙げろ!両手を挙げろ!!」の煽りが炸裂すると『GUNSHOTS』でオーディエンスは両手を挙げ上下左右に広げステージとの一体感を高める。「跳べ!」の掛け声に『DiAMOND』のサビでオーディエンスは全身全霊でSiMが生み出すサウンドに身を委ねてた。

今回は番組収録にあたってSUPER BEAVERとの2バン形式で進行している。
MAHはSiMを見たことがないオーディエンスに向けて、「いろんなイメージがあるかと思いますが、ライブを観てくれてありがとうございます。僕らの曲の歌詞は英語だし『ぶっ殺す』という歌詞ばかりで受け入れづらいものかなと思います。でも、一緒に歌って暴れてストレス発散になればいいな」と楽しみ方を伝授した。



【ライブレポート】SiM、いくつもの切り口から見出すフロア席巻のライブパフォーマンス!<ROCK AX Vol.4>

また、「今から新曲をやります」の発表に一気に沸き立つフロア。「サビで『歌え!叫べ!』って言ったら歌って欲しいです」の優しいお願いとは裏腹に、『BASEBALL BAT』をバットを持って歌唱するMAH。「歌え!」の煽りが予告通り炸裂するとオーディエンスから『K、I、L、L、Y、O、U』のコールが飛び交った。その一体感を保ったまま『Devil in Your Heart』を熱唱した。続いて青く染まったステージの上で『The Sound Of Breath』を会場いっぱいに突き抜ける歌声を響かせた。「いろんな切り口から見ればいろんなSiMの姿があります。最後まで楽しんでください」とこれまでのステージングとは違う一面で魅せながらSUPER BEAVERのファンにも楽しんでもらいたいという心意気を見せる。それも束の間、「拳を上げろ!」の突然の煽りに再びボルテージが急上昇するフロアを横目に『MAKE ME DEAD!』を叩き込む。

【ライブレポート】SiM、いくつもの切り口から見出すフロア席巻のライブパフォーマンス!<ROCK AX Vol.4>
SiM のライブはいよいよ終盤戦に突入し『WHO’S NEXT』、『KiLLiNG ME』と畳み掛ける。オーディエンスを座らせたかと思うとMAHの掛け声に合わせて一気に立ち上がらせる。それと共に気持ちも熱量もフロアに生まれた上昇気流に乗ってこの日最大の盛り上がりを叩き出し本編を終えた。アンコールでは『Blah Blah Blah』、『f.a.i.t.h』の2曲を歌い上げ、SiMのステージは終了した。

SiMは今春リリースにニューアルバム『THANK GOD, THERE ARE HUNDREDS OF WAYS TO KiLL ENEMiES』をリリース。また、バンドが主催する野外フェス"DEAD POP FESTiVAL"を今年も6月27日と28日の2日間にわたって川崎市東扇島東公園特設会場で開催する。



<ROCK AX Vol.4/DAY1セットリスト>
2019年2月18日(火)/Zepp Tokyo

M01.Get up, Get up
M02.A
M03.Amy
M04.Fall In Love With You
M05.GUNSHOTS
M06.DiAMOND
M07.BASEBALL BAT
M08.Devil in Your Heart
M09.The Sound Of Breath
M10.MAKE ME DEAD!
M11.WHO’S NEXT
M12.KiLLiNG ME

EN1.Blah Blah Blah
EN2.f.a.i.t.h