名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が結成12周年を迎えるにあたり、10月3日(月)、10月4日(日)、10月5日(月)の3日間「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 〜12公演一挙披露祭〜」を、愛知県常滑市の「AICHI SKY EXPO」にて配信限定で開催すると、SHOWROOMの生放送特番で発表した。

SKE48の周年記念公演は毎年SKE48劇場より行ってきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、十分なソーシャルディスタンスを確保できる「AICHI SKY EXPO」での実施となる。内容はSKE48がこれまで行ってきた劇場公演を各日に分けて12公演を実施(※現在上演している正規チームの公演は除く)。配信時間30時間以上、総楽曲数188曲以上という、SKE48史上最大規模の配信ライブとなる。

既に特設サイトでは各日の日程と公演、および出演メンバーの情報が掲載。初日となる3日(土)「会いたかった」を皮切りに「制服の芽」まで5公演。4日(日)は「僕の太陽」から「RESET」まで5公演。中でも「手をつなぎながら」には、オリジナルメンバーの松井珠理奈の参加も決定!
また、「青春ガールズ」は10期研究生が全員出演するほか16名態勢での実施となる。
12周年当日となる5日(月)は「シアターの女神」、そして高柳明音ら初代チームKⅡの魂が詰まった「ラムネの飲み方」が復活。ラストは「12周年特別LIVE」として全メンバー(中坂美祐、平野百菜、杉山歩南、林美澪は年齢による出演時間の制限により不参加)がグランドフィナーレを飾る。

開催にあたり生配信に出演した江籠裕奈は、「私たちにとっては懐かしい公演でもあるけど、最近入った子たちもやるってことだから、メンバーもSKE48の歴史を感じられると思うので今からな楽しみ」と語り、熊崎晴香も「SKE48の歴史が見られるのも嬉しいし、ファンの方の中にも初見の方も多いと思います。何よりメンバーが16人で久しぶりに踊れるっていうのがすごく楽しみで胸がワクワクでいっぱいです」と語った。

さらに、ライブ当日までSHOWROOMにてメンバーが日替わりで行う配信も決定した。