先日、テレビ朝日「関ジャム 完全燃焼」で語られた音楽秘話の中で、「私の歌の主人公は歳をとらない」と締めくくり、「震えた」など称賛の声が続出した、松田聖子が10月2日(金) テレビ朝日『ミュージックステーション』に18年ぶりに登場!タモリと久々の再会を果たした。「18年ぶりですよ」との問いに松田は「はい、18年ぶり、本当に緊張しています。」と答えた


他の共演者の上白石萌音からは「(共演させてもらい)夢のようです。先日「瑠璃色の地球」をカバーさせていただいて、今絶対必要な曲だと思って強く希望させていただいて、恐縮ですが、歌わせていただきました。」と思いを告げられ、「本当にきれいな歌声で可愛らしくて、うれしかったです。ありがとうございます!」と笑顔で答えた。そして、K-POP界のアベンジャーズとして世界中で人気を博している“SuperM”のテヨンが「僕は「青い珊瑚礁」が大好きです。子供の頃、お母さんがカセットテープで聴く時に聴いていて、その頃からすごく素敵な曲だと思いまして、今でもすごく好きな曲です。最高です!」とアカペラで歌いながらエピソードを披露した。


歌唱は新曲「風に向かう一輪の花」をパフォーマンスした。この楽曲は37年ぶりに「白いパラソル」「夏の扉」の財津和夫とタッグを組み、ファンへの感謝の気持ちを松田聖子自身が綴った曲となっている。「日本中、世界中に愛されている歌姫。本当に素晴らしい歌声でした!」「最高でした!「歌詞が沁みた」など多くの声が寄せられた。


そして、Mステで披露した財津和夫との37年ぶりタッグを組んだ新曲「風に向かう一輪の花」、大滝詠一が生前ミックスした秘蔵音源「いちご畑でFUN×4」、全編日本語歌詞がみつかりリレコーディングした「SWEET MEMORIES 〜甘い記憶〜」などが収録された、40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」がオリコンデイリーチャート1位を獲得するなど、40周年を迎えて更に勢いが止まらない松田聖子に注目だ!