名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が、10月3日(土)から5日(日)までの3日間、結成12周年記念の大型配信イベント『SKE48 12th Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜』を愛知県常滑市のAICHI SKY EXPOにて開催された。

3日間に渡りこれまでSKE48劇場で行ってきた12公演(現在実施している公演は除く)を振り返ってきたイベントの最後を締めくくる「グランドフィナーレ」では、各チーム毎の歌唱や、9期研究生の昇格発表。さらに、27thシングルのリリース決定の発表が行われ幕を閉じた。

 

総配信時間30時間越えのイベントを終えて、松井珠理奈、斉藤真木子、古畑奈和の3人が終演後の囲み取材に登場した。

まずはこの3日間を終えて斉藤は「SKE48として初の試みである配信ライブ。とてもすごいことではありますが、今日までメンバーそれぞれが今までにないぐらいレッスン場に通って、昔の曲をたくさん聞いたり踊って、イベントをきっかけに公演を知ることができたり、自分の限界に挑戦することができたという達成感でいっぱいです」と語った。また、「12周年を迎えてメンバーの中には卒業を逃しちゃったり、保留になってしまったという子もいますが、13年目はみんなで笑ってスタートできたことに喜びを噛み締めています」と現状について触れながらも、明るい笑顔を見せた。

年齢を重ねる事で表現の幅が広がったという古畑。「私は7年ぶりに出る公演もあって、まだ十代で子供の表現で精一杯だった曲も、何年かぶりにその曲に触れたことで、できるようになった事を見つけて自信に繋がりました」と成長した一面に気付いた。また、今回は公演に出演するメンバーをシャッフルし、普段は関わらない後輩と接する機会も多くあった。「後輩が初めてやる公演も多かったので、そこに向き合う姿に感動したので、この姿勢がSKE48の後輩にどんどん引き継がれて、魅力的なSKE48にしていけたらいいなと改めて思いました」と未来を見据えた。

 

また、デビュー12周年を迎えた松井珠理奈はSKE48オリジナル公演の「手をつなぎながら」公演に「当時の衣装や振り付けをやって、思い出して初心に帰ってステージに立つ楽しさを改めて感じました」と振り返り、「12周年という事で立ち上げからいたメンバーは私しか残ってませんが、気持ちは一つに周りのメンバーにも“SKE48”というのを心に置いてステージに立って欲しいという想いを、しっかりと伝えられたのでよかったなって思います」と話した。

 

また、すでに卒業発表している松井。来年の周年は迎えられない事を伝えながら、「率直にこれだけ12周年やってしまったら、13周年は何やるんだろうって思います!来年は楽しみに見に行きたいなって思いました」と後輩メンバーへ期待を託した。