10月22日にスタートするテレビ朝日系木曜ミステリー「科捜研の女 season20」の主題歌を、シンガーソングライターの藤川千愛(ふじかわ ちあい)が担当することが発表された。


岡山県出身のネクストブレイクアーティスト・藤川千愛の初のドラマ主題歌に大抜擢!
藤川千愛は岡山県出身、2018年11月に開催されたアコースティックライブにてデビューしたシンガーソングライター。

これまでに2枚のフルアルバムをリリースし、オリコンデイリーチャート1位にランクインした実績も持っている。

今年8月にアップされたLiSA「紅蓮華」のカバー動画がYouTube“急上昇”入り。
現在カバー動画を含めたYouTubeの総再生数が3500万回を超えるなど大きな話題となっている。

また、かわいらしい見た目からは想像できない力強い歌声は「衝撃的」と言われるほどで、多くの注目を浴びるネクストブレイクアーティストである。
藤川千愛がドラマ主題歌を担当するのは今回が初めて。未来の音楽シーンを担うであろう期待のアーティストが「科捜研の女」の記念すべき”season20”の主題歌に大抜擢された。

主演・沢口靖子は「胸に染みるものがありました」と感動のコメント
楽曲は自分らしく生きることへの応援歌の意味も込めながら、ドラマのために本人が詞を書き下ろし。藤川は”沢口靖子さん演じる榊マリコさんのように、自分の信念にどこまでも正直な強い女性と、同時にその裏側にあるだろう弱さもイメージして書き下ろしました”とコメントしている。

藤川千愛、初のドラマ主題歌に大抜擢!「自分らしく生きることへの応援歌として書き下ろさせていただきました。」20シーズン目に突入する テレビ朝日系木曜ミステリー「科捜研の女」を彩る!

主題歌を聴いた主演の沢口靖子は、”「科捜研の女」が科学と共に20年間大切に描いてきた「人間の弱さ、未熟さ、愚かさ、愛おしさ、そして希望。。。」そんな共通する世界感を感じ、胸に染みるものがありました。”とコメント。
さらに”藤川千愛さんの力強い歌声がひとつひとつの作品を大きく包み込み、さらに物語の余韻を温かく膨らませてくれることと思います。”と、これから放送されるドラマのseason20と主題歌のコラボレーションに期待を膨らませた。

尚、同楽曲は11月24日にリリースされるフルアルバム「HiKiKoMoRi」に収録される。コロナ禍のなか、タイトル通り自宅に“引き籠って”制作したことから名付けられたアルバムタイトルであるが、主題歌に起用されている「ありのままで」もそのような状態で一人試行錯誤しながら楽曲を制作したという。

<沢口靖子(榊マリコ 役)コメント全文>
主題歌に決まった藤川千愛さんの「ありのままで」を聴かせていただき、「科捜研の女」が科学と共に20年間大切に描いてきた「人間の弱さ、未熟さ、愚かさ、愛おしさ、そして希望。。。」そんな共通する世界感を感じ、胸に染みるものがありました。
藤川千愛さんの力強い歌声がひとつひとつの作品を大きく包み込み、さらに物語の余韻を温かく膨らませてくれることと思います。

藤川千愛、初のドラマ主題歌に大抜擢!「自分らしく生きることへの応援歌として書き下ろさせていただきました。」20シーズン目に突入する テレビ朝日系木曜ミステリー「科捜研の女」を彩る!

 

<藤川千愛コメント全文>
「科捜研の女Season20」という記念すべき節目のタイミングで主題歌を担当させていただきとても光栄です。主題歌となる『ありのままで』は自分らしく生きることへの応援歌として書き下ろさせていただきました。
歌詞を書く際には、沢口靖子さん演じる榊マリコさんのように、自分の信念にどこまでも正直な強い女性と、同時にその裏側にあるだろう弱さもイメージして書き下ろしました。
微力ながら『ありのままで』が作品をより盛り上げるお手伝いとなれば幸いです。

<藤川千愛 プロフィール>
シンガーソングライター
1995年6月6日生まれ / 岡山県井原市出身

日常の鬱憤や葛藤から恋心までを独自のユニークな視点で歌う岡山県出身のシンガーソングライター、2018年11月に開催されたアコースティックライブにてデビュー、2019年5月に1stアルバム『ライカ』をリリースするやいなや、iTunesアルバムランキング2位、オリコンデイリーチャート1位、Billboard週間チャート7位に輝く。表題曲の『ライカ』や、同郷の千鳥のノブが作詞した西日本豪雨災害への復興ソング『あの日あの時』、アニメ『盾の勇者の成り上がり』 の ED 曲を 2 クール連続で担当するなど話題曲多数。MV『きみの名前』は 600万再生、MV『あたしが隣にいるうちに』も500万再生を突破するなど、令和デビュー注目のシンガー。
2019年11月16日にはデビュー1周年を記念したANNIVERSARY LIVE『白白』を東京・新木場スタジオコーストにて開催、同時に2019年11月より4ヶ月連続でシングルを配信。2020年には、BUCK-TICKトリビュートアルバムへの参加が発表されるなど、エンタメから国内音楽シーンの重鎮まで、さまざまな交わりの中で自身の「歌」を高めている。
2020年4月8日に2ndアルバム『愛はヘッドフォンから』がリリース。8月にはLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でワンマンライブが開催された。