有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜夜9時)の第8話は、12月15日(火)夜9時から放送。

『姉ちゃんの恋人』第8話で“母ちゃん”・和久井映見に訪れた”幸せ”とは?

8日(火)放送の第7話では、晴れて恋人となった桃子と真人を、和輝(高橋海人※「高」は「はしごだか」が正式表記)ら3兄弟、日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)、菊雄(光石研)、そしてホームセンターのメンバーも祝福。そんななか、桃子から報告を受けた親友のみゆき(奈緒)は、ついに桃子に和輝と恋人を前提にした関係であることを告げる。自宅に戻り、和輝を外に連れ出した桃子は「半端な気持ちだったら今すぐやめろ」と親友・みゆきへの思いを問いただすが、和輝は「やめないよ」と即答。みゆきへの思いが本気であることを知った桃子は、「姉としてはちょっとムカついた」と和輝の腹にパンチをお見舞いし、「でっかくなりやがって…」と成長した和輝の頭をうれしそうになでるのだった。その後、クリスマスから新年に向け、再び店内プロジェクトのメンバーに選ばれた桃子と真人は、デート中も楽しそうにアイデアを出し合う。そんな2人の前に、真人の元恋人・香里(小林涼子)が偶然現れる…というストーリーだった。

15日(火)放送の第8話では、突然の遭遇に言葉を失う真人と香里を見た桃子は、目の前の女性こそが、真人が服役するきっかけになった人だと瞬時に悟る。話をしたいという香里の申し出に、真人は一瞬戸惑いを見せるものの、それを受け入れ、桃子に「頼む、そばにいて。乗り越えたいんだ」と頼んで同席してもらう。動揺しながらも、決してそれを表に出さないよう心掛けながら、真人は過去を乗り越えるため、“幸せ”について自分の思いを語り始める。

さらに、後日、桃子は真人の母・貴子(和久井映見)と2人きりで会うことに。自宅を訪れた桃子に、貴子は昔のアルバムを開きながら、真人、そして今は亡き真人の父親についての思いを語り始める。真人が傷害罪で服役したことで教師の仕事を辞め、その後、自ら命を絶ってしまった真人の父親。その行動に至った理由について、貴子なりの考えを優しく語る。職を失い、夫を失いながらも、ひたむきに息子の幸せを祈り続けた貴子にようやく訪れた“幸せ”。時に強く、時に柔和に、時にシリアスに、時にお茶目に、これまでさまざまな表情を見せる貴子という“母ちゃん”を演じてきた和久井から目が離せない!

過去を乗り越えようとする真人と同様に、貴子にとっての “再生”が、感動と共に描かれる第8話を、ぜひご注目いただきたい。