1月22日(金)、「B.L.T.3月号」(東京ニュース通信社刊)の増刊で、芸能事務所・ゼロイチファミリアが1冊まるごとジャックする「B.L.T.3月増刊ゼロイチジャック版」が発売された。

アンジェラ芽衣、息遣い感じる至近距離ポートレート アンジェラ芽衣、息遣い感じる至近距離ポートレート
本誌は表紙を桃月なしこ、黒木ひかり、アンジェラ芽衣、林ゆめ、十味(#2i2)の5人が飾っており、「ゼロイチファミリア」という事務所の名前にかけて、「家族」をテーマに撮影を敢行。一緒に一つの食卓を囲みながら、各々違うことを行なっているというどこかシュールな仕上がりとなっている。

今回、表紙を飾った5名のアザーカットが公開された。
当記事ではアンジェラ芽衣のアザーカットとインタビューを公開する。

アンジェラ芽衣、息遣い感じる至近距離ポートレート

【アンジェラ芽衣・コメント】
■B.L.T.史上初ジャック号が発売されましたがいかがですか?

B.L.T.さんのジャックを、しかもB.L.T.史上初のジャックをゼロイチファミリアでできるなんて!光栄です。
2021年、新年早々にこんな大きなお知らせができて嬉しいです!!





■ゼロイチファミリア を一つの家族と見立て、表紙や巻頭の撮影がされたようですがいかがですか?

表紙に使われている、みんなで一つの机を囲んでいる写真が一番家族感あって好きですね。
みんなで銭湯に入ったり、銭湯での撮影の休憩には
撮影で使ったコーヒー牛乳を誰が1番早く飲み終わるか競走したり!
お外でもなんかそこら辺にある木の棒でなしこちゃんと遊んだり(笑)
撮影中もそうでない時もみんなでわちゃわちゃして楽しかったです。

私たちの素の状態で、自由に撮っていただきましたし
本当に仲がいいみんななのでよりいっそう家族感が出てるんじゃないかな?と思います





■2021年の自身の目標や抱負を教えてください。

モデルとしてのお仕事、バラエティのお仕事など
いただけたお仕事に一生懸命取り組み、自分自身が大きく成長できるように!
演技のお仕事も、もっともっとスキルを磨いて皆さんについていけるように
神代玲花として、仮面ライダーセイバーの一員として胸を張れる
かっこいい自分でいられるように頑張ります。