ジェーン・スー、三浦しをんからも絶賛のコメントが届いた!

第50回日本レコード大賞をはじめ、数々の受賞歴を持つ日本を代表する音楽プロデューサー松尾潔。
このたび、新潮社より刊行する初小説『永遠の仮眠』(2月17日発売)の発売前重版が決定した。

『永遠の仮眠』の表紙カバーに起用されたのは、松尾がデビュー曲をプロデュースした三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典。発売前重版を記念し、本書収録の岩田剛典アナザーカットを公開する。

三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!

三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!
松尾潔と岩田剛典の関係、 起用の理由:

「岩田さんに、登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」

岩田は2010年に「三代目 J Soul Brothers」のパフォーマーとしてデビュー。グループのメンバーを決めるオーディションで審査員を務めたのが松尾だった。デビュー当時、まだ大学生だった岩田との交流は、松尾に強い印象を与える。

本書のストーリーでも主人公の悟は新人発掘オーディションの審査員をし、デビューさせたシンガー・義人のプロデュースを担当。 作中の重要な人間関係と二人の関係性には共通項があった。

デビュー前からお互いを知る深い関係性と、作品との共通項から、松尾は岩田に表紙カバーで「登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」と切望、今回の企画が実現した。


【『永遠の仮眠』あらすじ】
音楽プロデューサーの悟は、 テレビドラマの主題歌制作に苦戦していた。 この楽曲がヒットすれば、 低迷中のシンガー・義人は大復活を遂げる。 悟もすべてを賭けていた。 しかしドラマプロデューサーの多田羅は業界の常識を覆す提案を……。 そんな折、 日本は未曾有の危機に襲われる。 社会的喪失の中、 三人の運命の行方は――。

三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!
【タイトル】『永遠の仮眠』
【著者名】松尾潔
【発売日】2021年2月17日
【造本】四六判(288ページ)
【本体定価】1,700円(税別)
【ISBN】978-410-353841-7

三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!

三代目JSB岩田剛典が表紙カバーに起用された、松尾潔『永遠の仮眠』の発売前重版が決定!本書収録のアナザーカットを公開!