EXILE MAKIDAI・VERBAL・DJ DARUMAのオリジナルメンバーに加えて、昨年10月に白濱亜嵐が電撃加入し、4人体制となった新生PKCZ®。新体制となって初となる3月5日配信シングル「GLAMOROUS」に、現在話題の「シークレット・ボーカル」が参加することが明らかになった。ROCKテイスト+ダンサブルなGROOVEで、現行のトレンドを捉えたキャッチーな楽曲となっている。また、タイトルの「GLAMOROUS」を表現した女性のポリゴンが印象的なジャケット写真も公開された。
 
新曲のトラックは、コペンハーゲン在住のプロデューサーで、K-POPグループ「GOT7」の楽曲などを手掛けるFrederik Jyll(フレドリック・ジル)が制作。歌詞は「BTS」の多くの日本語曲の歌詞を担当するKM-MARKIT(ケムマキ)が担当し、日本語と英語が絶妙なバランスで混ざり合った仕上がりとなっている。RAPパートは、PKCZ®のVERBALが手掛けた。シークレットボーカルによる洋楽R&Bのマナーを踏まえたリズム感とGROOVEに注目だ。

ミックスは、GReeeeNのプロデューサーのJINがPKCZ®と初セッションして、洋楽と邦楽の両方の良さを引き出した。マスタリングはPKCZ®の1st アルバム『360° ChamberZ』や、Afrojack、Dimitri Vegas & Lile Mike、Bjorkなども手掛けるWIRED UKのCass Irvineが担当した。

なお、シークレット・ボーカルの正体は、3月6日〜3月10日に開催されるVRバーチャルイベント【Music Vket2】でのPKCZ®ライブパフォーマンス内にて明かされる。スペシャルパフォーマンスにはメンバーも自身のアバターで参加するなど、様々な仕掛けが施される。メンバーたちとのコミュニケーションができる可能性も? 是非VR環境で参加して、PKCZ®が贈る新たなエンターテインメントを体感してほしい。ライブパフォーマンスの詳細は pkcz.jp、LDH mobile他にて随時発信される。

白濱亜嵐が電撃加入したクリエイティブユニットPKCZ® 3/5新体制初のリリース「GLAMOROUS」に“シークレットボーカル”が参加!!

■PKCZ®(ピーケーシーズ)
2014年 EXILE HIRO、EXILE MAKIDAI、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMA が中心となり音楽・ファッ ション・アート・カルチャー等、様々なジャンルで「本物の感動や理屈抜きにカッコ良いと思える感覚」を MIX して、 新しい価値を創造するクリエイティブ・ユニットとして活動を開始。 2019年にはUSを拠点にアジアにルーツを持つ アーティストたちを本場のHIPHOP/R&B シーンに送り込み アジア系アーティストの躍進に成功したレーベル 【88rising】からアジアを代表する Girlsポップアイコン・CL(元2NE1)と世界のトップDJ/ 音楽プロデューサーのAFROJACKを客演に迎えた 楽曲 『CUT IT UP feat. CL & AFROJACK』 を世界リリース。 iTunesソング チャートでは、フィリピン3位・シンガポール8位・ベトナム9位を記録した。
2020年10月、DJ /TRACK MAKERとして、白濱亜嵐(EXILE /GENERATIONS)が電撃加入。 4人体制に進化を遂げて、精力的に活動を展開するPKCZ®から今年は目が離せない。