2017年の結成以来、様々なアーティストとのコラボやテレビアニメ「ONE PIECE」の新シリーズ「ワノ国編」のBGMを手がける等、独特の存在感を示してきた唯一無二の男性10人組和楽器パフォーマンス集団 “桜men” 。

今回仮面ライダー50周年のメモリアルイヤーを記念して、『仮面ライダーゼロワン』の主題歌「REAL×EYEZ」を和楽器でカバーをして動画サイトへ公開をした。

桜men は人気俳優の多和田任益をボーカルにフィーチャーした『仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』の主題歌「IZANAGI」を担当して和楽器の曲が評価がされた経緯もある。

今回の動画では、名曲「REAL×EYEZ」のロックな曲を忠実に和太鼓奏者と三味線で表現し、オリジナルキーで表現した暦のボーカル、箏、尺八で奏で和楽器パフォーマンスを披露。リーダーで尺八奏者の中村仁樹は「原曲へのリスペクトを込めて、忠実に世界観を壊さないようにカバーをした。」と制作を振り返った。


仮面ライダーCover企画として、仮面ライダーゼロワン「REAL×EYES」・仮面ライダージオウ「Over "Quartzer"」・仮面ライダー鎧武「JUST LIVE MORE」を絶賛配信中!和楽器でのカバーの表現力の高さと新感覚さが絶賛されている。

また、昨年5月に発売した初のオリジナルアルバム「華の大演舞会」も好評発売中。アルバムにはオリジナル曲(ボーカル曲、インスト含む)の数々と、高杉晋作(CV.KENN)をボーカル にフィーチャーした人気アプリゲーム『茜さすセカイでキミと詠う』主題歌「己が道」、人気俳優多和田任益をボーカルにフィーチャーした『仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』 主題歌「IZANAGI」も収録され、ロック、EDM等、幅広い音楽性を取り入れた 新時代の和楽器サウンドが満載となっている。

世界が日本に注目する中、日本古来の伝統的なサウンドを停滞する世界へ向けて発信する桜menに要注目だ。

桜men / 「REAL×EYES」和楽器cover