グラビアデビューから1年半、メジャー雑誌の表紙を総なめにするなど、令和のグラビアシーンをリードする石田桃香のファースト写真集『MOMOKA』(撮影・細居幸次郎 /講談社刊)。

初めてのランジェリー姿に加えて、自身過去最高のセクシーショットも披露し、見応えたっぷりな65分の購入者特典ウェブ動画もあり話題を呼んでいる。その発売記念のネットサイン会が2月23日(祝・火)に開催された。

石田桃香、“現在”の私を最大限詰め込んだ写真集ネットサイン会を開催
オトナ可愛いイエローのワンピース姿で、約1000冊にサインを書き、ファンと触れ合った石田は、「リアルタイムでファンの方々と接したことが、ほとんどないので、オンラインではありまし たがドキドキでした。私の写真集を見てくれた感謝の気持ちを言葉で伝えることができて、嬉しかったです」とコメント。


写真集は、初めて訪れた沖縄の石垣島&竹富島、そして出身地の大阪で撮影。沖縄では、ビーチや草原、マングローブの林、情緒溢れる古民家やリゾート・ヴィラなどでロケを行った。大阪では、お気に入りのお店や観覧車など、思い出の場所を巡った。

石田桃香、“現在”の私を最大限詰め込んだ写真集ネットサイン会を開催
沖縄と大阪それぞれのロケで印象に残るエピソードについて、「なんといってもマングローブです。沖縄は何度かロケで訪れていて大好きな場所ですが、今回初めてマングローブの林で撮影をしたんです。カヤックに乗って、マングローブ密林の中に入っていったりもしました。力強く大地に根を張り、生い茂るマングローブを初めて目にして、その物凄い生命力、 自然美にすごく感動してしまって。それは感動というより恋、初恋でしたね(笑)」と振り返った。

石田桃香、“現在”の私を最大限詰め込んだ写真集ネットサイン会を開催
また、「大阪ロケで最も印象に残っているのは、味園ビルでの撮影です。映画『味園 ユニバース』の舞台にもなった千日前にあるビルで、昭和レトロな飲食店がたくさん入っ ているんです。その中のバーに行ったことがあって、その時にビルの独特な雰囲気に衝撃を受けて。大阪でロケをするなら絶対ここは外せないと決めていました。そして衣装も自分でスタイリングさせてもらいました。 大阪にいた頃から仲の良い古着屋さんで貸してもらったヴィンテージのスカジャン。よく通っていた大好きな古着屋さんで選んだワンピース。好きな場所、好きな衣装で撮影ができて本当に嬉しかった。大阪に居た頃の自分に戻ったような気がしました」と回想した。

石田桃香、“現在”の私を最大限詰め込んだ写真集ネットサイン会を開催
最後に、「23歳の〝現在の私〟を最大限詰め込んだ大切な作品になりました。両親に見せたら、あんたがやっぱり一番かわいいわぁ〜って言ってくれましたね」とほっこりとしたエピソードを明かした。