ゴスペラーズが2月27日に一夜限りの無観客配信ライブ「ゴスペラーズ LIVE #ライブハウスからハーモニーを 2 〜今夜はカップリング三昧〜」を開催した。

この無観客配信ライブは毎冬恒例の新潟・苗場プリンスホテルでの公演が中止になったことを受け開催されたもので、
苗場公演で企画していたカップリングリクエストランキングのTOP10を中心にセットリストが組まれた。

配信開始とともにステージ上の5人が映し出され、「みなさんこんばんは、ゴスペラーズです!」とメンバーは手を振り、元気な姿を画面越しのオーディエンスに届け、7ヶ月ぶりとなる単独での配信ライブをスタートさせた。

1万票を越える投票があったカップリングリクエスト企画の趣旨を説明し、ランキングのベスト10を発表しながら歌っていくことが伝えられた。「早速10位と9位を発表して行きましょうか」との言葉からバンドが演奏するジングルに合わせカップリングリクエストランキングの10位「まっすぐな橋」と9位「星降る夜のシンフォニー」が発表された。「まっすぐな橋」は50枚目のシングル「ヒカリ」に収録されたカップリング曲、映画しまじろう「まほうのしまの だいぼうけん」のテーマソングでもあった楽曲で旅にでる子を見守る親の気持ちが歌われたバラードだ。作者の酒井雄二も映画館に足を運び映画を鑑賞し涙を流したエピソードを語った。9位「星降る夜のシンフォニー」も壮大なアレンジに美しいハーモニーが響き、ライブ冒頭からゴスペラーズのハーモニーを堪能できる結果となった。

2曲を披露すると間髪入れず始まったバンドジングルに合わせ8位「愛の歌」7位「冬物語」を発表。「愛の歌」は安岡 優が大学を卒業して初めて作詩をした楽曲であること、「冬物語」では大学時代の卒業論文の話になり思い出話に花を咲かせた。まずはアップテンポな「愛の歌」がスタート。ラストでは「さあ、それでは最後はみなさんだけで」とカメラにマイクを向け、画面越しの視聴者を意識した演出を見せ、「冬物語」はこの季節にぴったりなラブバラードで冬の定番曲と言える楽曲だ。

続けてカップリングリクエストランキングの6位が「砂時計」であることを発表。最初はラジオ局のテーマソングとして書かれ、冬のイメージがある楽曲だが「夏が終わるまで」という仮タイトルだったエピソードが語られた。

ここで一旦ランキングの発表はブレイク。本来は2月26日、27日が苗場公演の予定日だったことに触れ、ピアニストで「永遠(とわ)に」の作曲者でもある苗場公演にはおなじみの妹尾 武を呼び込む。6人は苗場の思い出を語り合い、妹尾 武がオリジナルのピアノ曲「サクラ咲ク」を披露。再びゴスペラーズがステージに姿を表し6人で延期となってしまったファンクラブツアーで演奏予定だった「Simple Words」を奏でた。妹尾 武を送り出しトークは3月10日にリリースされるアルバム「アカペラ2」の話題に。18年4ヶ月ぶりのアカペラアルバムとなる今作を「220ヶ月待ちましたよ」と北山陽一は語り、アルバムに収録される「誰かのシャツ」「風が聴こえる」を続けてライブ初披露した。

バンドメンバー本間将人、荻野哲史、坂東 慧、田中“TAK”拓也、佐藤雄大を紹介し、ここからカップリングリクエストランキングの後半戦がスタート。後半は北山陽一が発表を担当し、5位「Beginning」4位「AIR MAIL」がコールされた。「Beginning」は20世紀最後のシングルに収録され、大晦日の除夜の鐘をイメージした楽曲であったことを告白。「AIR MAIL」は今回のカップリングリクエストランキングでは一番リリースが早いシングル「待ちきれない」に収録されている楽曲でありレコーディング時のエピソードも公開された。

ここで惜しくもランキングに入らなかった11位から15位の楽曲を発表。後日、ランキングの20位までオフィシャルサイトで発表されるので楽しみに待とう。

ランキングに戻り、3位「シークレット」2位「PRINCESS☆HUG」が発表され、アップテンポなナンバーが2曲並び、ライブ構成まで考えられた結果になったとメンバーは感嘆した。

ここまではハイスツールに座り、落ち着いた雰囲気で歌っていたゴスペラーズだが、この2曲は軽快なダンスを魅せた。

そして、いよいよカップリングリクエストランキング1位の発表へ。

対象となった38曲の中で栄えある1位に輝いた楽曲はシングル「ひとり」のカップリングである「東京スヰート」。根強くファンに人気のある楽曲だけに「殿堂入りでいいのでは」とメンバーも呟く。カップリングリクエストランキング1位の楽曲なので特別に「東京スヰート」のDEMO音源も初オンエア。情熱溢れる歌唱から衝撃の「痛い…痛くない…」という歌詞にはメンバーも抱腹絶倒し、ステージに膝をつく。演奏には共作者の妹尾 武も参加し、「今日はどうもありがとう」と感動的に「東京スヰート」を歌い上げた。

改めてメンバー紹介し、スタッフに感謝を述べた後「次はアカペラツアーで会いましょう!」と伝え、配信ライブを締めくくった。

来週3月10日には18年ぶりのアカペラオリジナルアルバム「アカペラ2」のリリース、4月3日からは「アカペラ2」を携えての全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2021 “アカペラ” #あなたの街にハーモニーを」が開催予定のゴスペラーズ。まだまだ彼らの活動から目が離せない日々が続きそうだ。

Set List

M1 まっすぐな橋

M2 星降る夜のシンフォニー

M3 愛の歌

M4 冬物語

M5 砂時計

M6 サクラ咲ク

M7 Simple Words

M8 誰かのシャツ

M9 風が聴こえる

M10 Beginning

M11 AIR MAIL

M12 シークレット

M13 PRINCESS☆HUG

M14 東京スヰート