adieuとして音楽活動をしている上白石萌歌が、4月11日(日)にオリジナルとしては1年5か月ぶりとなる新曲「春の羅針」を配信することを発表した。

adieu(上白石萌歌)、1年5か月ぶりの新曲『春の羅針』配信決定 adieu(上白石萌歌)、1年5か月ぶりの新曲『春の羅針』配信決定 adieu(上白石萌歌)、1年5か月ぶりの新曲『春の羅針』配信決定

同楽曲は自身のアーティスト活動の他にも様々な活動をしており話題となっている君島大空による作詞、作曲で編曲は今最も注目されているYaffle(小島裕規)が務めている。iTunesでは4月9日よりいち早くプリオーダーができるとあって、はやる気持ちを抑えきれない。そして本日公開となった新ビジュアルは空をバックに漂うように立ちadieuの世界観そのままに春を伝えてくれる。本日の昼にadieuのTwitter、Instagramで公開となった映像と楽曲はこの新曲とリンクしているのだろうか?今週初のMステ出演を前に早くも感じられるadieuの新章の予感から目が離せない。
 

【君島大空コメント】

「萌歌さんの声が 春の長い暁闇の中から 夜明けの光の代わりになって 夢の中にまで射し込んできてくれる景色を想いながら書きました。この歌がひとり分のどうにもならない夜に辿り着くことを静かに願っております。」