4月27日、名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48の高柳明音が、自身の卒業公演となる「ラムネの飲み方」公演をSKE48劇場で行った。

本来であればフルメンバーの16人で卒業公演を行う予定であったが、現在同劇場では新型コロナウイルス感染症対策として、出演人数を8人まで制限している。そのため卒業公演は2日間に分けて実施し、当初から出演予定だったメンバーを2公演に分ける形で行った。


27日の公演には江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、日高優月、古畑奈和、斉藤真木子、須田亜香里が参加した。短縮されたセットリストで唯一のユニットた『クロス』は、高柳をセンターに“ゆづるか”こと日高優月と北野瑠華が参加。定期公演時代から組んでいたユニットも今回が最後。劇場内が赤いペンライトで染まって行く中、往年のサイドポニーを振り回しながら過去最高の熱量のパフォーマンスを届けた。

歌唱後、高柳は「これが最後の『クロス』。バイクを高速でぶっ飛ばす気持ちでやりました!いやー本当に楽しかった!ありがとう」と共に楽曲を披露した日高と北野とかたい握手を交わした。高柳がアイドルを目指すきっかけだった日高は、「最後に一緒にステージに立たせてもらえると思わなかったから感慨深いね」としみじみに噛み締めた。コンサートをはじめ、3人で披露する機会が多かった『クロス』。北野は「1人で『クロス』を踊ってると違うなって思っちゃう。あの2人はどこって?」と、違ったユニットメンバーで披露するとそうした感覚になるという。日高も共感しながら、「スケジュールの関係で揃わなかったときに、『片方がいなくてやるのは違う!“ゆづるか”でやるのがいい!!』って言ってくれたのが嬉しかった」と高柳からかけられた言葉を明かした。
また日高は研究生からチームKⅡに昇格した当時、同時に昇格した北野とバチバチの関係だったことを振り返り、「お互いが負けないようにバチバチしていたのが、今にいい影響を与えているんだと思う」と、気迫あるパフォーマンスに隠された裏側を赤裸々に語った。