6月末をもってアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」からの卒業するリーダーの渡邉幸愛が6月2日発売の「グラビアザテレビジョンvol.55」(KADOKAWA刊)に登場。ラストグラビアということで、2018年に発売した1st写真集「koume」の撮影スタッフが再集結し、写真集の表紙になったポーズを2年ぶりに披露した。

スパガ 渡邉幸愛、卒業前ラストグラビアで写真集のポーズ再び!

撮影中は、当時の思い出などスタッフと共に振り返りながら撮影し、渡邉も最後の撮影を楽しんだ。

撮影後に、渡邉に感想を聞くと、「初めてソログラビアをしたのが18歳だったのでその時の姿から時が経ち、色んな経験を積み、大人になった今の私をみて成長を感じていただけたら嬉しいです。そして、その中にも自然体に街を歩いたり等身大の姿も撮っていただいたので、ありのままの私の姿も見て欲しいです!」と思いを述べた。

【渡邉幸愛・コメント】
グラビアザテレビジョンにて最後のグラビア掲載をしていただきました!
初めてソログラビアをしたのが18歳だったのでその時の姿から時が経ち、色んな経験を積み、大人になった今の私をみて成長を感じていただけたら嬉しいです。
そして、その中にも自然体に街を歩いたり等身大の姿も撮っていただいたので、ありのままの私の姿も見て欲しいです!

卒業にあたってたくさんの最後が増えてすごく寂しい気持ちもありますが、やり切れた分、悔いはありません。

6月末の卒業まで引き続き応援をよろしくお願いします!