15日(火)に最終回を迎える連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のスピンオフドラマ『チェインストーリー 大豆田とわ子を知らない三人の男たち』に、7月6日(火)スタートの新火9ドラマ『彼女はキレイだった』(Sexy Zone中島健人と小芝風花のW主演)から佐久間由衣が、ドラマ同様に桐山梨沙役として出演することが決定した。

『まめ夫』スピンオフドラマに佐久間由衣が『彼女はキレイだった』より同名同役で出演
『大豆田とわ子と三人の元夫』は、松たか子演じるバツ3の主人公・大豆田とわ子が“三人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディー。一方、『大豆田とわ子を知らない三人の男たち』は、“物語と視聴者をより深くつなげる”というコンセプトのもと、脚本家・坂元裕二が作り上げた強烈で愛すべき個性を持つキャラクターたちが、「元夫たちがとわ子と出会っていないパラレルな世界」で生活していたら…という設定で繰り広げられる物語。本編ではレストラン・オペレッタのギャルソンで一番目の元夫の田中八作(松田龍平)も、カメラマンで二番目の元夫の佐藤鹿太郎(角田晃広)も、弁護士で三番目の元夫の中村慎森(岡田将生)も、こちらの世界ではオペレッタの日替わりシェフの一人。そして、彼ら3人は大豆田とわ子を知らない…。


佐久間演じる梨沙が登場するのは、15日(火)の最終回放送終了後から6月29日(火)午後9時まで無料動画配信サービス「GYAO!」にて独占配信されるチェインストーリー第10話。八作、慎森、鹿太郎や、配達員のカレン(高橋メアリージュン)やスタッフのタカト(小泉光咲)が集ういつものオペレッタに、一人の女性が特別な瞬間をもたらす――というストーリー。小芝演じるヒロイン・愛の親友で“完璧オシャレ美女”と称される梨沙がどのように登場するのか?
そして、驚きのラストまで、ぜひご注目を!


7月期『彼女はキレイだった』は、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。“物語と視聴者をより深くつなげる”というコンセプトのチェインストーリーが、4月クールと7月クールの連続ドラマ同士をつなぐ試み。15日(火)の『大豆田とわ子と三人の元夫』最終回、チェインストーリー、そして『彼女はキレイだった』と続けてお楽しみいただきたい。