現在、江田剛(ジャニーズJr.)主演で公演中の舞台「あやかし緋扇」に出演中の高柳明音。

高柳明音、SKE48卒業後の舞台で初の悪役に!ファンからも白拍子で歌って舞う姿が美しいと反響も
4月にSKE48を卒業してからの初舞台は自身も大好きという漫画『あやかし緋扇』の舞台化作品。千年の時を超えた過去転生の物語の中で、高柳は愛する者を奪われた悲しみを憎しみへと変え、過去から現在に渡り呪い続けるという悪役「祇夕」を存在感たっぷりに演じている。

観劇をしたファンからは「低い声がゾクッとして痺れた!」「圧倒的な存在感と迫力で心が持っていかれた!」「とにかくカッコ良かった」「今までに観たことのないあかねちゃん」などと、低い声で演じ切る高柳の姿が印象的だという声が多く寄せられている。

また、過去生では平安時代が舞台のため、和装での舞や歌の披露に「扇子の扱いと和装での所作が綺麗」「綺麗な歌声と白拍子をうまく魅せるダンスが美しい」「また歌って踊る姿が観れるとは」など、称賛や喜びのコメントも多く見受けられる。

単なる悪役ではない、人を愛するが故の切なさも見事に演じている彼女の姿を、是非劇場にて見届けたい。


【高柳明音・コメント】
あやかし緋扇の胸がキュンとするストーリーは、もちろんその中に歌あり、ダンスあり!アクロバットあり殺陣あり!!見どころ満載のこの世界にぜひ遊びに来てください。
私演じる祇夕の見所は…オープニングとエンディングの表情の違いです!ぜひご観劇ください。

 


【舞台情報】
舞台「あやかし緋扇」
原作:くまがい杏子(小学館) 
演出:今村ねずみ 
脚本:藤吉みわ 
総合プロデュース:黒谷通生
企画・制作・製作幹事 :レジェンドステージ
主催 :舞台「あやかし緋扇」製作委員会