世界最大のホテルチェーン米マリオット・インターナショナル、および、ウェルス・マネジメントグループは、本日2021年6月28日(月)、関西地区では初進出となる「アロフト」ブランドのホテル「アロフト大阪堂島」を開業した。昨年秋に東京銀座に開業した「アロフト東京銀座」に続き国内では2軒目となる。

開業を記念した内覧会・オープン二ングセレモニーにシンガー・ソングライターの植村花菜がサプライズ登場し、ライブパフォーマンスを披露した。


アロフトは、流行に敏感で発信力があり、音楽やデザインを愛する次世代の旅行者を主な顧客ターゲットとしているライフスタイルホテルブランドであり、洗練かつ斬新なスタイルで、大阪のホスピタリティシーンを盛り上げていく。

植村花菜、ホテル「アロフト大阪堂島」開業イベントでパフォーマンス
オープニングセレモニーには、マリオット・インターナショナルのカール・ハドソンをはじめ、総支配人のユージン・パク、ウェルス・マネジメント株式会社千野和俊らが登壇し、開業の経緯や今後の展望などについて語った。植村は開業記念スペシャルライブで『世界一ごはん』と『トイレの神様』の2曲を披露。植村は「大阪は音楽の街というイメージがあり、アロフト大阪堂島が音楽を中心に音楽を盛り上がっていきたいという思いは、ミュージシャンとしてとてもありがたく、素敵だと思う。アロフト大阪堂島のように、私も大阪から音楽などハッピーなことを発信したい」とコメントした。