Snow Manのラウールが単独初主演する映画『ハニーレモンソーダ』。

2020年9⽉号の雑誌「セブンティーン」(集英社)で、“読者が選ぶ好きな少⼥マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得、全国のティーン⼥⼦をキュンキュンさせている、今いちばん勢いのある⼤⼈気少⼥コミックが原作の本作が、いよいよ7⽉9⽇から全国公開される。

今回新たに原作者の村⽥真優さんが映画撮影現場を訪問した様子が公開された。いつも塩対応だけど本当は誰よりも優しい、レモン⾊の髪がトレードマークのレモンソーダボーイ・界を演じたラウールと、中学⽣時代にいじめられていた⾃分を変えようと、不器⽤ながらも努⼒するダイヤモンドガール・⽻花を演じた吉川愛に、それぞれのキャラクターを描いた直筆⾊紙をプレゼントした。
撮影現場でメインキャストと挨拶を交わした村⽥さんは「本当に全員ぴったり!イメージ通り」とお墨付きのコメントを贈った。⾊紙を受け取ったラウールと吉川の嬉しそうな表情から、サプライズプレゼントに⼤興奮の様⼦が伝わってくる。

また、本編を鑑賞した村⽥さんは「どの場⾯を切り抜いても映像と役者さんたちが美しく、最初から最後まで怒涛の⾒せ場の連続で画⾯から⼀瞬も⽬を離せません」と大絶賛した。


【原作者・村⽥真優先⽣ コメント】
どの場⾯を切り抜いても映像と役者さんたちが美しく、
最初から最後まで怒涛の⾒せ場の連続で画⾯から⼀瞬も⽬を離せません。
何回も繰り返し観たくなる作品です︕︕
観終わって多幸感でいっぱいなのにさらにエンドロールの映像で美味しすぎるデザートが出てきた気分になります。神徳監督はじめ関係者の⽅々、ありがとうございます。