7月14日にリリースされる、ASKA約2年ぶりとなるシングルCD『笑って歩こうよ』のMVに、女優の尾野真千子が出演することが明らかになった。

本作は「1970年代のメロディーって、今なおカバーされ続けている。なぜ?って、メロディが音楽を語っていたから。そんな時代の音楽を、今、自分なりに表現してみました。きっと誰もが気が付いている。世の中がすっかり沈んでしまっていることに。強がりでもいい。“笑って歩こうよ”」というASKAのメッセージが込められたシングル楽曲だ。

ASKA、最新シングルMVに尾野真千子が出演 ASKA、最新シングルMVに尾野真千子が出演

尾野はMVで思い出の詰まった町に別れを告げた女性役を演じている。
映像監督の石井貴英は尾野を指名した理由を、「尾野真千子というだけで、すでに表情が見えた。今、誰もが、朝が来ることを信じ待ち続けている。イギリスには『夜明け前がいちばん暗い』ということわざがあった。苦しくなった時に離れていく見せかけの勇気と、どんな時も黙って傍に居てくれる希望。説明せずとも、この映像を観た人それぞれが抱く共感を尾野真千子に託した。」とコメントしている。


【リリース情報】
2021.7.14リリース
「笑って歩こうよ」
¥1,430(税込)

 [収録曲]
01.  笑って歩こうよ
02.  プラネタリウム