雑誌「JUNON」(主婦と生活社)が主催するボーイズオーディション「第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテンスト」のベスト70人が、20日発売の同誌9月号でお披露目される。

「あなたの隣のすてきな男の子、紹介してください」をコンセプトに、武田真治・溝端淳平・三浦翔平・菅田将暉・井手上漠など数々のスターを生みだしてきたジュノン・スーパーボーイ・コンテスト。34回目を迎える今年は、まずは応募総数16,622人のなかから、エントリーシートで選考された第1次審査通過者 約1000人(BEST1000)が出そろった。5月に行われた第2次審査[地方予選 or リモート選考]を経て、編集部員による厳正な審査のもと、150人の「BEST150」が誕生した。

第3次審査は本誌『JUNON』とじこみの愛読者ハガキ、携帯・スマホサイト「プラチナ☆JUNON」、公式アプリ「CHEERZ for JUNON」、ライブ配信サービス「SHOWROOM」での読者人気投票により行われ、BEST150→BEST70→BEST35→BEST20→BEST10と絞られていく。


BEST35決定戦はいよいよ7月17日(土)からスタート。敗者復活戦の通過者5名を合わせて決定したファイナリスト15人の中から、最終選考会(2021年11月21日 @東京)にて第34代グランプリが決定する。