2020年12月4日(金)に、ポルノグラフィティが約1年3ヶ月ぶりとなるライヴ『CYBERロマンスポルノ’20〜REUNION』を、LINE CUBE SHIBUYA(東京都)にて開催した。
ポルノグラフィティ初の配信ライヴを追ったLIVE FILMを2021年9月19日(日)、20日(月・祝)、21日(火)の3日間限定で全国47都道府県の映画館にて上映することが決定した。

エンターテインメントの形が大きく変わった2020年。
この状況下で「お客さんがいて初めてライヴは完成する」というスタンスを貫き、「自分たちにしか」、「音楽でしか」、「今しか」できないことを模索し辿り着いた、リアルとオンラインを合わせたハイブリッド型ライヴを実施。
本会場では最大収容人数の50%以下の観客を入れて、配信ではメンバーの「今までとは違った新しいカタチで同じ時間を一緒に楽しんでいただきたい」という思いのもと、AR演出を満載した独自の映像が届けられた。


『ポルノグラフィティ LIVE FILM「REUNION」』では、初めて臨んだ配信ライヴのメイキングやインタビュー、本番の迫力あるライヴ映像に加え、2018年に開催した「しまなみロマンスポルノ’18〜Deep Breath〜」から続く一つの物語を、今回の上映のために新たに撮影した内容となっている。

タイトルの「REUNION」には、ライヴやファンとの再会という意味が込められている。
デビュー22年目の第一歩を力強く踏み出したポルノグラフィティのライヴに込めた想いを、映画館の大スクリーンと大音響の空間で体感しよう。