今月18日にリリースされるユニコーンのオリジナルアルバム「ツイス島&シャウ島」から、新曲「スペースカーボーイズ」の先行配信がスタート!これに合わせて、彼らが所属する事務所SMAの“後輩”にあたる芸人達が出演する新作ミュージックビデオも公開された。

ユニコーンが「ロックンロール」をテーマに制作した、全て新曲の13曲を収録する2年ぶりのオリジナルアルバム「ツイス島&シャウ島」。新作「スペースカーボーイズ」のミュージックビデオは、なんと彼らと同じ事務所SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)に所属するハリウッドザコシショウ、コウメ太夫、アキラ100%、錦鯉の4組5名が出演する作品に。 “後輩”である芸人たちが、“先輩”ユニコーンの為に、名実ともに「一肌脱いだ」形となっている。

年齢は「いっている」ものの「華麗なスキル」を持ち合わせる<職人>による、溢れ出す“渋み”がモチーフとなっている「スペースカーボーイズ」(作詞・作曲 奥田民生)。この世界観を表現する存在として、それぞれが唯一無二の「スキル」を持ち合わせるSMAの芸人達に白羽の矢が立った。ミュージックビデオの中では、ハリウッドザコシショウを筆頭に芸人達が熟練のカー・メカニックとして、それぞれのフィールドで活躍する日常の姿が描かれている。

岩崎裕介監督による今作は、芸人達が普段テレビ等でみせる「芸」を封印。「裸にお盆」がトレードマークのアキラ100%までもがメカニックのユニフォームに身を包み、ガレージで日々の仕事に奮闘する。40代に入ってブレイクした錦鯉の長谷川・渡辺による「哀愁漂う目線」の演技にも注目。一方で、「白塗りの顔面にワークシャツ」姿で華麗なブレイクダンスを披露するコウメ太夫など、見どころには事欠かない。

5人のメンバー全員が作詞・作曲を手掛け、曲ごとにボーカルを含む楽器パートが入れ替わる…というロックバンドとして特異なスタイルをもつユニコーンだが、ミュージックビデオ全編の出演を「事務所の後輩」に託すというのは初の試み。芸人達が持つ“男の渋み”を追求しながらも、なぜか笑えてしまう独特な映像世界、是非ご覧頂きたい。


■「スペースカーボーイズ」先行配信スタート!

https://kmu.lnk.to/scb


■ユニコーン「スペースカーボーイズ」ミュージックビデオ 

YouTubeアドレス
https://youtu.be/28hdeo6TAMg