成長期限定ユニット・さくら学院が、8月29日(日)東京・中野サンプラザホールにて「さくら学院 The Final 〜夢に向かって〜」を開催、10年続いた活動に終止符を打った。武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉の初代卒業生も登場した。

2010年に開校したさくら学院は、小学5年生から中学3年生までの成長期限定ユニット。中学を卒業するとともにグループを卒業しなければならないという鉄の掟による別れと出会いを繰り返しながら、スーパーレディーを目指し、伝統と楽曲を受け継いできた。そして2020年9月、開校から丸10年を迎えた2021年8月31日をもって閉校することを発表した。

さくら学院最後の1年を担うことになったのは、野中ここな、白鳥沙南、田中美空、八木美樹、佐藤愛桜、戸高美湖、野崎結愛、木村咲愛、8人の2020年度さくら学院メンバー。コロナ禍での制限がある中、3度の配信ライブを経て、今年7月に1年5カ月ぶりの有観客ライブを開催した。この1年、きっと悔しい思いや寂しい思いをたくさんしてきただろう。それでも夢に向かってまっすぐ突き進んでいく彼女たちのパワフルな歌声と笑顔は、鬱屈とした日々の中のキラメキの雫であり、希望であった。そして迎えたこのファイナル公演。10年間支えてくれた父兄たち(ファンの総称)が見守る中、全身全霊の歌とパフォーマンスを披露し、10年間の集大成を見せた。

さくら学院、10年間の歴史に幕を閉じるラストライブ開催

なお、この公演は8月31日に全国の映画館にてライブビューイングで上映される。さくら学院10年間の集大成を、ぜひ最後まで見届けてほしい。