BOYS AND MENの弟分として名古屋、東京、大阪、福岡の4エリアを中心に活動している『ボイメンエリア研究生』が、8月31日にグループ初となる愛知・Zepp Nagoyaでの単独ライブ「はじまりの章〜オレたちの時代だ!〜」公演を4エリアのメンバー14名全員が集まって開催した。

ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も

メンバー紹介のVTRが流れる中 新衣装を着たメンバーがステージに登場しオープニングナンバーの「カラフルダイヤモンド」が流れると、開演前から総立ちでメンバーを待ち構えていたファンは感染症対策で声が出せない代わりに力いっぱいペンライトを振り、その色とりどりの暖かい光で包まれてライブはスタートした。「ガリバ→BEAT!」「高気圧オンパレード」「無敵のOne Way Road」などのオリジナルソングから、先輩グループも行ってきた事務所恒例のステージ上での生着替えでド派手な新夏衣装に着替えての「バッシャーン!!!」「VIVA! サマーウォーズ」「ワンダフルスライダー」の夏ソングメドレーを熱唱し、会場の熱気も最高潮。

さらにライブ後半ではステージの大きなモニターでメンバーのオーディション時から今までの活動の様子をダイジェストにまとめたVTRが流れ、派生グループの『キラキラ★選抜隊』6名による「P☆KANスタート」「Shall We Kiss?」、学ラン衣装に着替えたメンバー全員による「LOVE BUTTERFLY」「恋、ハレルヤ」などが次々と披露され、会場は大盛り上がりの中ライブは終了した。

ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も ボイメンエリア研究生、Zepp Nagoyaで初ライブ開催! 新曲のサプライズ披露も

アンコールでは、サプライズで新曲「GO!GO!トレジャーロード!!」(2021年冬/発売予定)が曲衣装とともに宇宙発解禁されたのと、新プロジェクトとして選抜メンバーによる一軒家での共同生活がスタートする事も発表された。

本公演は生配信も同時に行っておりアーカイブ視聴が可能。配信チケットは9月4日まで購入でき、視聴は9月5日まで。

 

配信チケットは以下より購入出来る。
https://www.openrec.tv/live/p2zjn9pvl8w

 


【メンバーコメント】
ボイメン名古屋研究生 古川 流唯
ライブが終わった今「やっとスタートが切れた。絶対に止まらずこれからも進み続けるんだ」と強く思っています。結成から今までメンバーと一緒に色々な事を乗り越えて頑張ってきて今日を迎えられて、早くライブがしたいとワクワクが止まりませんでした。これからもファンの皆さんと一緒に夢を叶えるために努力を続けていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

 

ボイメン東京研究生 國村 諒河
Zepp Nagoyaのステージが始まると1曲目から見たことない景色が広がっていてとても嬉しかったです。お客様の顔もよく見えたし、曲中メンバーと目が合うとみんなキラキラしていたし、メンバーとファンとの絆が深まったライブだったと心から思えました。終ってみるとまだまだ上を目指したいという次への想いが強くなっていて、これからもファンの皆さんと一緒に色々な景色を見続けていきたいと思います。

 

ボイメン大阪研究生 内海 太一
終ったばかりの今大きく思うことはとにかくとても楽しかったということです。ステージが始まり客席を見たらマスク越しでもお客様の楽しそうな様子が伝わってきて嬉しかったし、大きなステージなのでもちろん心の準備はしていましたが、それでもその景色に圧倒されそうになったけど、すぐに「負けないぞ。会場のお客様の一人ひとりに僕らの熱い想いを伝えるんだ」という気持ちに切り替えて最後までパフォーマンスを続けました。改めてメンバーとの絆を感じられた、一生忘れられないライブになりました。

 

ボイメン福岡研究生 小辻 庵
ステージが始まる前、舞台袖でメンバーと円陣を組んでいる時にみんなの顔を見て、このメンバーでずっとライブをやってきて本当に良かったと熱い想いが込み上げきました。ほとんどのメンバーが同じ気持ちだったと思います。僕たちが歩み続けてきた中で、2021年8月31日は忘れられない日になったと思います。会場や配信でライブを観てくださった方に心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。これからも上を目指して頑張っていきます。