SKE48の28thシングル『あの頃の君を見つけた』が9月1日(水)にリリースされた。本作はグループ結成時から活動してきた最後の1期生・松井珠理奈卒業後初のシングルであり、新たに10期研究生の林美澪がセンターを飾った「新生SKE48」としてリスタートした意欲作だ。

WWSチャンネルでは選抜メンバーの中から青海ひな乃、井上瑠夏、鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里、高畑結希(※「高」は「はしごだか」が正式表記)、野村実代、林美澪の11名にインタビューを実施。全5回にわたりその模様をお届けする。

第1回は7D2(7期生とドラフト2期生の総称)より末永桜花と菅原茉椰にインタビュー。SKE48を支える主力メンバーの2人に今作の印象やMV撮影のエピソードについて。また、今新しく挑戦したいことなどを伺った。

 

 

————まずは表題曲『あの頃の君を見つけた』について、初めて聴いたときどんな感想を持ちましたか?

【第1回】末永桜花&菅原茉椰、波に乗る『7D2』の2人が目指す次なる目標は?<SKE48『あの頃の君を見つけた』インタビュー>

末永桜花(以下、末永):とても爽やかな曲で、最初はしっとりと始まるんですけど、イントロの途中からすごく明るくなって、「始まった!」って思える曲だなと思いました。振り付けも明るくて、ピースをいっぱいしたり、“思い出フィルターダンス”も可愛いんです。手先を揃えるところは揃えて、でも可愛く、フレッシュに、爽やかに。今までにないSKE48の雰囲気を出しつつ、今までの良さも残して、SKE48の様々な一面を見られる曲になってると思います。

 

【第1回】末永桜花&菅原茉椰、波に乗る『7D2』の2人が目指す次なる目標は?<SKE48『あの頃の君を見つけた』インタビュー>

菅原茉椰(以下、菅原):歌詞は、主人公の男性がある女の子を見て、昔好きだった女性を思い出す内容になっています。歌詞の後半にはもう一人男の子が出てきて、その女の子に片想いしている様子に、男性は自分の経験を重ねていて、この男の子には頑張ってほしいという応援の意味が込められているんじゃないかなって思いました。私的には「今のSKE48を見ていないと後悔するぞ!」っていう意味も込められているんじゃないかなって個人的には思いました。

 

 

————MVは沖縄で撮影されたとのことですが、ロケ中のエピソードはありますか?

末永:沖縄のナガンヌ島に初めて行ったんですけど、初日は雨が降ったりして天気は良くはなかったんです。それでも海がめちゃめちゃ十分すぎるぐらい綺麗で、みんなで雨が止んだタイミングで撮影を行って、思い出になりました。

 

 

————映像からは『青春』が溢れ出ていましたね。

末永:とても爽やかな曲でもあるので、沖縄という撮影地で青春を感じられる映像が撮れてすごく楽しかったです。

 

 

————MVでは「思い出フィルターダンス」という振り付けがあるみたいですね。


菅原: 今回はs**t kingz(シットキングス)のshoji先生が、メンバーの顔がしっかりと見えるように振り付けを考えてくださいました。顔の近くで振り付けするものが多くて可愛いですし、覚えやすい振り付けなのでTikTokなどで使ってもらえたら嬉しいですね。

 

 

————衣装もシースルーでイマドキな印象ですね。

末永:デザインがかわいくて、コルセットも海をイメージしていて、MVに合った水色の爽やかな感じですね。パターンも何種類かあって、メンバーみんなに合わせた形が当てはめられていると思うので、自分の推しメンがどんな衣装なのか注目ポイントですね。

 

【第1回】末永桜花&菅原茉椰、波に乗る『7D2』の2人が目指す次なる目標は?<SKE48『あの頃の君を見つけた』インタビュー>

 

■「自分もSKE48なんだなって実感しました」

————そういえば、ナガンヌ島は『前のめり』(SKE48 18thシングル)のMVロケ地でもありましたね!

菅原:そうなんです!場所は少し違うんですけど須田亜香里さんたちは『前のめり』で撮影した場所を見て「エモい気持ちになった」って言ってました。逆に自分たちはMVで見ていた場所に来ているから、おーちゃん(末永)の言葉を借りると“聖地巡礼”みたいな形で楽しかったですし、自分もSKE48なんだなって実感しました。

 

末永:本当は『聖地巡礼』をしたかったんですけど、今回は難しくて・・・。でも、新たに自分たちが聖地を作る側として島に行けたことはすごく嬉しかったし、『前のめり』には参加していないけど、MVに参加して歴史を刻むことができて嬉しい気持ちになれました。

 

菅原:懐かしいと思う方もいると思うので、そういう気持ちでも見てもらえたら。『前のめり』に参加していたメンバーの変化も楽しんでもらえたらいいし、新しい子も増えたなって新鮮な気持ちで見てもらえたら嬉しいです。曲は違うんですけど、見比べてみるのも楽しさの一つだと思います。

 

 

■「7D2への愛が強くなりました」

————ありがとうございます。ではいろいろあった2021年上半期を振り返って、印象に残っている出来事はありますか?


菅原: 7D2(7期生とドラフト2期生の総称)で特別公演をやらせてもらえたことが印象に残っています。久しぶりにみんなで劇場に立ったのが嬉しかったですし、公演に向けてみんながすごく意見を出してくれて一つにまとまった感じがしたので、自分的にはまた7D2への愛が強くなりました。

 

 

————前回のリリースインタビューで浅井裕華さんが「7D2公演をやりたい!」とおっしゃっていましたが、言葉にしてきた目標がどんどん叶っている印象を受けます。

菅原:いい波乗ってますね。

 

末永:もっと乗って行きたいよね!

 

 

————7D2の特別公演を終えてから周りの反響などで変化は感じましたか?



菅原:ファンの方は7D2で何かすることを期待していてくれたので、嬉しい反応もいただけましたし、何よりスタッフの方に7D2はファンの方に求められていたんだっていう姿を示すことができたので、「SKE48にとって7D2は重要なんだぞ!」って見せつけられたかなって思います。

 

 

————末永さんは「ティーンズユニット」の企画で久々のファン投票も経験されましたね。

【第1回】末永桜花&菅原茉椰、波に乗る『7D2』の2人が目指す次なる目標は?<SKE48『あの頃の君を見つけた』インタビュー>

末永:そうですね。前作は表題曲の『恋落ちフラグ』でしか曲に参加できなくて、ファンの方にはがっかりさせてしまう結果だったんですけど、今回は久しぶりに表題曲とカップリングの2曲に選んでいただけました。投票も今までにない試みでしたが、私のファンの方ももっと歌ってほしい、参加している楽曲を増やしたいという方がすごく多くて、私もMVに参加したり、新しい曲を歌えると聞いてすごくやりたいなと思っていたので。投票ということで不安な気持ちもあったんですけど、ピリピリした環境ではありましたが、みなさんのおかげで「プリマステラ」という新しいユニットが誕生して、歌わせてもらえることが決まって、MVの撮影も楽しかったですし、メンバーで「またやりたいね!」って話していたので、このユニットがまたみなさんに求めてもらえるように、期待に応えられるように頑張っていきたいなって思います。

 

 

■「SKE48の入り口になれるような存在に」

————ではさらなる大波を目指して、新しく挑戦してみたいことはありますか?


末永:演技の仕事がしたいと個人的に思っています。(プロフィール欄の)将来の夢に「女優」という目標を掲げていて、来年夏公開予定の映画「鋼音色の空の彼方へ」にも出演させていただくので、これを機に演技のお仕事ができたらいいなって思います。そして、私をきっかけにSKE48を知って好きになってくれる方が増えたらいいなと思うので、SKE48の入り口になれるようなメンバーになれるように頑張りたいなと思いました。

【第1回】末永桜花&菅原茉椰、波に乗る『7D2』の2人が目指す次なる目標は?<SKE48『あの頃の君を見つけた』インタビュー>

菅原:(出身地の)宮城のお仕事はずっとしたいと思っているのですが、なかなかできていないので・・・。自分も頑張らなきゃいけないと思うのですが、宮城県出身の子がいるんだって少しでも知ってもらえたらオファーをいただけるんじゃないかと思っているので、自分自身も宮城県のことをアピールしたりしていきたいと思います。
あと浴衣が着たいです!浴衣が着られるお仕事も来ないかなって思ってます。

 

末永:私、着ました! 7月に東京モード学園で行われた浴衣ファッションショーに参加させていただいたんです。

 

菅原:私は、R4Gさんとコラボさせていただいたお洋服のお仕事がすごく楽しかったので、また新たな道を見つけられたと思います。今までは宮城やモデルの仕事がしたいと言ってきましたが、今年の夏はいろんなお仕事に挑戦していけたらと思っています。

 

 

————それでは最後にファンの方へ向けてメッセージをお願いします。


菅原:春夏秋冬、SKE48は盛りだくさんなので、いつ何時見てもSKE48は推し甲斐のあるグループだと思います。この記事を読んだ方はぜひ、今すぐSKE48を推していただけたらと思います。よろしくお願いします。

 

末永:こうして新しいシングル曲を出せるのはみなさんが支えてくださっているからこそですし、感謝しています。一瞬たりとも今後のSKE48を見逃さずに、ずっとこのグループを応援してくださると嬉しいです。みなさんが飽きないぐらい、SKE48を推すことをやめるという発想にならないように、私たちも頑張っていこうと思っているので、ずっと応援してくださると嬉しいです。