アイドルグループ・Peel the Apple(通称:ぴるあぽ)が、9月13日にShibuya TSUTAYA O-WESTで開催された「Peel the Apple 1st ミニアルバムリリースイベント ぴるあぽスペシャルライブ」で、1st ミニアルバム CD「勇敢 JUMP!」の情報公開や、表題曲「勇敢 JUMP!」がステージで初披露された。
応援ソングでもある表題曲の世界観にぴったりな応援団服をイメージして制作された新衣装での新ビジュアル(アーティスト写真、ジャケット写真)も併せて公開されている。


去る6月20日に品川インターシティホールで開催された「Peel the Apple 2nd ワンマンライブ」にて、今秋メンバー別ソロジャケット形態でのミニアルバムリリースが発表され、会場は、歓喜の声に包まれたが、更に衝撃的な発表がされた。「セールス1位を獲得した形態のメンバーが次作センター」。ぴるあぽ100km駅伝などでメンバーの絆を深めてきたが、仲間でありライバルでもある現実を突きつけられる内容となり会場は騒然となった。

Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁 Peel the Apple(ぴるあぽ)、1stミニアルバムのメンバー別ソロジャケットが解禁
アルバムのタイトルであり、表題曲でもある「勇敢JUMP!」は、アンジュルム、Juice=Juice、BEYOOOOONDSなどのハロー!プロジェクトでも数多くの人気楽曲を手がける、星部ショウが作詞・作曲を担当。 聴いた人が一緒に前を向いて元気になれる「次の未来へ」繋がる希望に満ちた応援ソングとなっている。
また、本楽曲は、日本テレビ系「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」10月エンディングテーマに採用が決定している。


「はじまりのはじまり」は、SILENT SIRENの全楽曲のサウンドプロデュース、作編曲を担当し、26時のマスカレイドの「ハートサングラス」などの人気楽曲を数多く手がけるクボナオキが作曲・編曲を担当。 新しく何かはじめる時に聴きたくなる、力強くも優しく背中を押してくれるような爽やかなナンバーだ。


「リンゴの皮をむくな! 〜Don't Peel the Apple 〜」は、アルバム表題曲と同じく星部ショウが作詞・作曲を担当。 初のグループ表題曲であり、楽曲のセンターは「第1回PtAセンター争奪戦」で、ファンと有識者の投票によって抜擢された浅原凜が選出された。彼女たちの物語にリンクした人気ナンバーとなっている。


「Va!Vamos!」は、Junxix.が作詞・作曲を、かずぼーい.が編曲を担当。「1周年記念イベント」の人気投票ランキング1位を獲得するキラーチューンであり、疾走感が心地良いナンバーだ。


「サニーガール」は、村田祐一(LIVE LAB.)が作詞・作曲を担当。ポップでかわいい彼女たちの魅力が前面に出ている、まさにサニー(雲ひとつない、晴れ渡った)な気持ちになれるナンバーだ。


「さんきゅー!」は、26時のマスカレイドの「ゼンキンセン」をはじめ数多くの人気曲を手掛ける koma'n が作詞・作曲・編曲担当。NEXT IDOL GRANPRIX 2020の副賞として提供された楽曲だ。「心からありがとう」と感謝の気持ちを伝える優しさに満ち溢れたナンバーとなっている。


彼女たちが人生をかけて挑んだ「26時のマスカレイド」新メンバーオーディション。落選発表からわずか30分という時間で新プロジェクトでの参加意思を問われ、決断した少女たちの物語(ストーリー)が始まった。新レーベル「30 minutes records」(販売元:PCI MUSIC)が始動し少女たちの物語紡ぐ。一体誰が次作センターとなるのか、片時も目が離せない。