SOLIDEMOの手島章斗がソロ名義で全国を巡ったツアー『1st ONEMAN TOUR 2021「Love Our Life」』が、渋谷TSUTAYA O-Westでの公演をもって完走した。

手島章斗(SOLIDEMO)、ソロ名義初の全国ツアー完走
待ちに待った手島章斗ソロライブツアー。
昨年、ソロ活動も始動し、新型コロナウィルス感染拡大の影響で1年間有観客でのソロライブを開催することが難しかったが、2021年7月から、ついに全国8箇所でのツアーを開催。ツアーファイナルは、渋谷TSUTAYA O-West。コロナ禍でのライブハウスはフルキャパ動員というわけにはいかなかったが、チケットは完売。感染症対策は万全に行った上での開催となった。そして、今回はオンラインでも生配信し、全国のファンに手島章斗の音楽を届けた。

手島章斗(SOLIDEMO)、ソロ名義初の全国ツアー完走 手島章斗(SOLIDEMO)、ソロ名義初の全国ツアー完走

定刻、サポートバンドが静かにバンドセッションからスタート。
今回の構成は、ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人編成だ。
薄いピンク色のセットアップの衣装で手島章斗が登場し「ファイナル東京よろしくー!」と挨拶。
本編最初の楽曲は、手島が初めて作詞をし、作曲にも携わった「Who I am」。
歓声も歌声も禁止、というコロナ禍ゆえの環境にもかかわらず、手を挙げる観客の躍動感が、会場の開放感を一気に高めた。

今回のツアータイトル「Love Our Life」には、自分の人生を大切に 人に優しく思いやりを持って生きていきましょうという気持ちを込めましたと説明。

昨年6月に生見愛瑠がMVに出演し、話題となったソロデビュー曲「大好き。」もバンドバージョンにアレンジされ披露された。

このコロナ禍での開催となったツアー。「なかなかイベントなどが開催できなかった期間が続く中、今回ツアーを開催できたのは、会場に来てくれる、いつも応援し続けてくれてるとファンのおかげです」と感謝を伝えた。そして、この期間に今までより強くアーティストを繋いでくれていたのはSNSでしたと本編ラストの楽曲「トランスレイト」で締めくくった。

アンコールでは、ツアーグッズを着て登場。
自身の誕生日である、11月4日にBirthday Liveを開催することもサプライズ発表した。

アンコール終了後も、ダブルアンコールを望む拍手が鳴り止まず、終了のアナウンスが入り、拍手喝采で幕を閉じた。