9月29日(水)、約1年半振りのリリースとなるAKB48 58thシングル「根も葉もRumor」。『どえらい』と話題のダンスをプロダンスチームであるCyberAgent Legitとのコラボダンス動画AKB48×CyberAgent Legit「根も葉もRumor -1half- Street Dance ver.」が、9月28日(火)19時にAKB48公式YouTubeチャンネルにて公開スタートした。

発売2ヶ月以上前に超先行で初披露され、AKB48初のロックダンスを取り入れた『どえらいダンス』が話題となった「根も葉もRumor」。披露直後にSNSへダンス動画をアップする猛者もあらわれた。その後も「根も葉もRumor -1half-へとへとver.」と題されたダンスプラクティス動画、Music Video、さらに98人でのDance Ver.が段階的に公開された。

AKB48がプロダンスチームと『どえらいダンス』をコラボ<『根も葉もRumor』> AKB48がプロダンスチームと『どえらいダンス』をコラボ<『根も葉もRumor』>
プロダンサーとのコラボを検討していたAKB48とCyberAgent Legitとの思惑が一致し、今回のコラボ撮影に結びついた。
9月下旬、秋めいて涼しくなってきたところだが、この日は夏日。都内某所の屋上に立ったAKB48岡田奈々・本田仁美・横山結衣のダンスメン3名も緊張の色が隠せない。
数日前にLegitと「根も葉もRumor」の初のリハーサルを行ったが、その際に岡田は「私たちが3週間かかってやっとできるようになったダンスをこの短時間でできるって、やっぱりプロって本当にすごい!」とその圧倒的なダンススキルに驚いていた。

緊張しながらもバアタリを重ね、呼吸が合ってきたところで撮影開始。
「根も葉もRumor」は非常に体力を使うダンスで、なかなか続けて回数を踊れないのだが、AKB48、Legitはともに息を切らしながらも、プレーバックを観て確信を得たのか、何度も果敢に「根も葉もRumor」をダンスし、最終的に撮影回数は10回を超えた。

AKB48がプロダンスチームと『どえらいダンス』をコラボ<『根も葉もRumor』> AKB48がプロダンスチームと『どえらいダンス』をコラボ<『根も葉もRumor』>

今回はオリジナルの振付だけではなく、CyberAgent Legitの持つ力を存分に発揮する1Bのフリースタイルなダンスにもぜひ注目してもらいたい。AKB48メンバーの青春感あふれるダンスが、Legitとのコラボにより“ガチ”ストリートに生まれ変わる。岡田奈々のセンター感、本田仁美の安定感、まるで野獣を野に放ったような横山結衣の狂暴ダンスがCyberAgent Legitとの共演により、ストリート感が加わり誰が観てもガチかっこいいStreet Dance ver.に仕上がっている。

また、10月4日(月) TBS系「CDTVライブ!ライブ!」で「根も葉もRumor」のフルサイズ初披露が決定した。しかしまだ、フルサイズが完成していない。そこで、9月29日(水)19時よりAKB48公式TikTokで「「AKB48『根も葉もRumor』フルサイズ完成するまでレッスン生配信」と題した生配信が決定。コチラも見逃せない。

【岡田奈々・コメント】
とにかくカッコイイ!
ひぃちゃん(本田)とよこゆい(横山)の2人もダンスがとても上手いので、安心感があって、自信をもってこの撮影に臨めました。Legitさんたちがすごすぎて、私たち3人まですごい人になれた気持ちでした!(笑)
AKB48オリジナルの「根も葉もRumor」の1Bでは、それぞれフリーでエアポーズをしているので、今回Legitさんにもフリーでお願いしたのですが、すぐに対応されたうえに、そのフリーダンスやブレイクダンスがすごい迫力で「さすが!プロダンサー!」と感動しました。
AKB48の曲をプロダンサーの方々と一緒に踊らせていただく機会はあまりないので、とても勉強になりました。


【本田仁美・コメント】
プロのダンサーの方々に私たちの楽曲を踊っていただけることが嬉しいですし、ダンス業界の方々にも興味をもって観ていただけるとても良い機会になったんじゃないかなと思います。
炎天下の屋上で撮影したのですが、MV撮影の校庭でのダンスシーンを思い出しました(笑)。
プロのダンサーさんでも「根も葉もRumor」はかなり体力的にきつい」とおっしゃっていたので、やっぱり“どえらい”んだなとあらためて再確認できました(笑)。


【横山結衣・コメント】
子どもの頃から本当に憧れていたLegitさんたちと今回一緒に踊る機会をいただけたことが、本当に嬉しくて感謝です。
前の晩から寝れないくらい緊張していたのですが、すっごい楽しかったです。夢のようでした。
ドキドキしすぎて自分らしさが出せたかどうかはわかりませんが、楽しんで踊ることはできたと思うので、たくさんの方に観ていただきたいです!