新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48の佐藤海里が自身のツイッターを更新。10月1日をもって定期運行を終了するオール2階建て新幹線・E4系「Max」の引退を惜しむ投稿を続けている。

NGT48 佐藤海里、運行終了する「Max」へ感謝のメッセージ「本当にたくさんお世話になりました」
E4系は東京、大宮から新潟を結ぶ上越新幹線を代表する車両で「Max」の愛称で親しまれている新幹線。1634名という高速列車では世界最大の着席定員(16編成時)を活かした収容力で、通勤輸送やスキー客に重宝されてきた。NGT48のメンバーにとっても同新幹線は移動の際にもよく利用されてきた馴染みのある路線であり、グループ初のオリジナル楽曲のタイトルは『Max とき 315号』と実際に運行されていた列車名が起用されている。

NGT48 佐藤海里、運行終了する「Max」へ感謝のメッセージ「本当にたくさんお世話になりました」 NGT48 佐藤海里、運行終了する「Max」へ感謝のメッセージ「本当にたくさんお世話になりました」 NGT48 佐藤海里、運行終了する「Max」へ感謝のメッセージ「本当にたくさんお世話になりました」 NGT48 佐藤海里、運行終了する「Max」へ感謝のメッセージ「本当にたくさんお世話になりました」
48グループ内で鉄道好きアイドルとして知られる佐藤は、新潟駅構内で展示中のE4系の外板や、ラストラン企画のドリンクなどを紹介。また、9月23日の投稿ではE4系との2ショットを公開。「今回で最後の 乗車になったと思います… オーディション時から、 本当にたくさんお世話になりました。 思い出が沢山詰まっています。 ありがとうございました!」と感謝の思いを寄せた。


これら投稿にファンからは、
「乗れてよかったね! いよいよラストかぁ」
「乗り納めですね」
「めっちゃ良い笑顔」
「Maxとき号の乗り心地の 感触を、いつまでも忘れないでねぇ!」
などのコメントが続々と寄せられている。