10月5日、名古屋・栄を拠点に活躍するアイドルグループ・SKE48が劇場デビューから13周年の節目を迎えた。これを記念してSKE48劇場にて「13周年SPトークショー 〜ガイシホールで予定していた重大発表ここでします!SP 〜」が行われ、青海ひな乃、松本慈子、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香、斉藤真木子、須田亜香里、林美澪の8名が劇場に登場した。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定 SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定 SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定
トークショーはライブパートからスタート。『overture』が明け、新曲『あの頃の君を見つけた』のMV衣装で登場したメンバーたちは『SKE48』を披露。SKE48ならではの汗が飛び散る程のダンスパフォーマンスは普段以上に激しく、久しぶりに劇場のステージに立つからこその気迫を感じさせる。須田亜香里は「SKE48は無事に13周年を迎えることができました。これもみなさんの応援があったからこそ!」と喜びを噛み締めながら『バンザイVenus』、『1!2!3!4! ヨロシク!』を熱唱した。

「まさかトークショーで曲から始まるなんて思わなかったよね!?」とキャプテンの斉藤真木子が得意気な笑顔に、会場に集まったファンは拍手を送って応えた。声を出すことができなくても、劇場ならではの空気感や温かさは健在だ。昨年は3日間にわたり愛知県常滑市のAICHI SKY EXPOにて12周年記念のライブ「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 〜12公演一挙披露祭〜」を開催しており、アニバーサリー行事をSKE48劇場で行うのは2年ぶりとなる。劇場に集まれるメンバーの人数の制限はあるが、2期生から10期生までの幅広い世代のメンバーたちが代表で登場。中でもグループ最年少の研究生・林美澪も研究生公演で場数を積み堂々とした自己紹介を見せた。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定 SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定

「次の曲が初披露されたとき、なんと私は0歳でした!!」と曲紹介と合わせて衝撃的な発言にどよめく劇場。「次歌うときどんな気持ちで歌えばいいの」と困惑する斉藤を横目に披露されたのは『チャイムはLOVE SONG』。先日出演した「TIF2021」でも披露したように、林と須田の最年少&最年長コンビがフロントを飾る。「この曲はSKE48らしく明るくて、元気で、私も大好きな曲です」と話す林。SKE48初のオリジナル公演である『手をつなぎながら』の初公演時に厳密にはまだ生まれていなかった訳だが、こうして楽曲を披露する姿に同曲が長く歌い継がれてきた事実と、13年という時間を実感する一場面だ。弾ける掛け声、突き上げる拳にメンバー同士の感情がぶつかり合うように、『恋を語る詩人になれなくて』を圧巻のパフォーマンスで見せつける。間奏のソロダンスではがむしゃらさの中に芯の通った林のダンスと、江籠のしなやかさのあるダンスとの対比が見ていて楽しい。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定
二度目のMCでは「13周年ウィーク」で行なった期別のトークショーについて振り返り、「初期の映像が出てきてめっちゃ恥ずかしかったんですけど、『そんなに変わってないよ。でも、昔の方が滑舌が良かった』て言われました」と話す熊崎。今日も「13周年」を噛み噛みで喋るなど絶好調だ。対して林は一年半前の映像が公開されたようで、「本当にもう画面を見られなかったです。昔の自分を見てると、あの頃もっと頑張っておけば良かったと思うんです」と振り返りながら、「変わったんですよいい方に! 生まれ変わることができました」と成長ぶりをアピール。その光景を見て須田は「もう一つ成長ポイントを教えてあげようか?」と言い、公演のトーク中に客席にお尻を向けない立ち方をレクチャー。すかさず林も対応しトーク終盤には修正して見せた。
また、今回の出演メンバーでは中間の世代にあたるドラフト1期生の松本慈子は、自分たちのお披露目がナゴヤドーム(現バンテリンドーム ナゴヤ)だったことを振り返り、「自分たちはこんなにすごいステージに立たせてもらったんだと改めて思いました。その当時は入ったばっかりでナゴヤドームのすごさがちゃんと分からなくて、何年か活動していくうちに、あのステージに立つことは難しいことだったんだと感じました。先輩たちは本当にすごいなと思いました」とコメントすると、「いや、それ程でもないんだけどね。私も先輩たちに付いて行く身だったからね」と須田は謙遜した。そんな須田も、チームS公演に初めてアンダーで出演した映像を見た際に自身の振り忘れに驚いたという。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定 SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定
さて、ここからのブロックではリモートで参加するメンバーも加えて、9月に日本ガイシホールで予定されていたコンサートで発表予定だった事柄が一挙に明かされた。サンリオキャラクターのクロミちゃんとのコラボグッズ展開や、テレビ愛知での新冠番組の放送決定(2022年1月スタート予定)など盛り上がる中、須田亜香里と古畑奈和のソロLIVE開催が発表された。
須田は「Akari Suda sing with the guitar 〜花車と六弦琴〜」と題したLIVEを東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて11月22日に開催する。「タイトルにもあるようにオールギターライブをやります」と弾き語りライブに挑戦することを明かした。
アコースティックギターを自ら購入し練習を重ねているという須田は、「今のご時世、みなさんライブで声を出すのを我慢しなくちゃいけないモヤモヤ感を抱えていると思うので、声を出さなくても満足できるものはなんだろう?、って考えたときに思いつき、じゃあ自分で弾けるようになろうと思って」と理由を述べ、「新しいことに挑戦したいという思いもありまして、30歳を迎えた節目として楽しんでください」と意気込んだ。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定

古畑は「古畑奈和 Colour days 〜空白〜」と題したLIVEを愛知・名古屋ダイアモンドホールにて12月21日に開催する。古畑はもともと2020年春にソロライブを予定していたがコロナがきっかけで中止に。「この約2年間ずっと何もできない状態が続いて、ファンにみなさんにもライブについて聞かれることがあったから、質問される度にすごく苦しかったんですけど、ようやくライブができるということですごく嬉しいです」と嬉し涙を流した。

さらに、8月開催予定だった江籠裕奈のソロLIVE「江籠裕奈2nd Solo LIVE 〜なつのゆめ。〜」の振替公演の日程も11月16日に決定。会場は愛知・名古屋ダイアモンドホールとなる。「みなさんがすごく楽しみにしてくれていて、待っていてくれたことも知っていたので、今日こうして発表できて嬉しいです。冬でも変わらず熱い気持ちと夏を感じられるライブにしたいと思ってます。セットリストも変わらずに行うのでぜひ楽しみにしていてください」と改めて開催への意欲を語った。

さらに古畑と江籠はそれぞれソロ写真集の発売も決定。撮影はこれから行う予定で内容を練りこんでいる最中だという。「もしかしたら今までにないアイドルの写真集になるかもしれないです。どこまで見せるか・・・」と思わせぶる古畑。ソログラビアでの活躍も話題の江籠は「写真集を出してほしいという声をたくさんいただき、買ってくれる人いるのかなと思うんですけど、買ってください」と呼びかけた。


嬉しい発表はまだまだ続く。12月19日に東京・中野サンプラザにて8期生、ドラフト3期生、9期生、10期生によるコンサートの開催が決定。若手メンバーのみの出演に青海ひな乃は「私たちだけでコンサートをやらせてもらえるのは光栄ですし、めちゃくちゃ楽しみです。みんな、頑張ろうねー!」とリモートで参加するメンバーに呼びかけた。また、コンサートでは旗振り役となる8期生の井上瑠夏はリモートで「嬉しい! 8期生が1番先輩になるんですよね!? みんなで一致団結して大成功できるよう頑張ります」とモニター上から熱意を届けた。

SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定 SKE48、13周年を祝うトーク会でオリジナル公演制作を発表! 須田亜香里、古畑奈和、江籠裕奈のソロライブに若手メンバーのコンサート開催も決定

そして、SKE48のオリジナル劇場公演の制作も決定。全チーム3公演が新たに書き起こされ、その第一弾としてチームSの新公演が2022年春の初演を目指していることが明かされた。SKE48のオリジナル公演としては卒業生の高柳明音が秋元 康氏に直訴したことがきっかけで誕生した「ラムネの飲み方」公演以来となる。この発表にチームSリーダーの松本は「言葉出ないです。素直に嬉しいですね!」と驚き、リモートで参加していた都築里佳は「私がチームSに入った時に新しくオリジナル公演をいただけると聞いてから、もう何年経ったんだろう。初めてオリジナル公演をもらえるのかなと思ったら嬉しくて・・・」と泣きじゃくり、副リーダー上村亜柚香は「今のチームSで新しい公演を一から作り上げていけるのがすごく嬉しいので、素敵な公演にできるようにみんなで頑張りたいなって思います」と喜んだ。加入前からSKE48のファンであった坂本真凛は「オリジナル公演って聞くとやらせてもらえるだけで嬉しくて嬉しくで。オリジナル公演をいただけるって本当にすごいことだと思うので、今までの公演よりもさらにもっと『いいね』って言ってもらえるような公演を作っていけるように頑張ります!」とコメントした。
なお、新公演はこれまで通りアルバムの制作も予定されており、プロデューサーや開催時期などは追って発表される。

立て続けの発表に沸く劇場。一つ一つの事柄を噛みしめるように須田は「みんながハッピーになれるようなことが決まって本当に良かった」と周りのメンバーと視線を合わせた。また、「先輩や同期が先にオリジナル公演をもらってて羨ましいなって、寂しい思いをしたこともあった。(オリジナル公演を)夢見ていいのかなってメンバーのみんなも思うことがあったと思うけど、実現してよかったねっていう気持ちでいっぱいです。楽しんでね、楽しもうね!」とこれまでの胸の内を明かした。


トークショーも再びライブパートへ。須田は「本日SKE48は13周年を迎えることができました。去年までと違うことは1期生の先輩がいらっしゃらないことが一番違うことだと思います。この中には一番最初からSKE48を作ってきたメンバーはいないけど、SKE48がみんな大好きで、ここで大好きなみなさんに自分たちの自分たちのアイドル人生を見てもらいたいという気持ちで(ステージに)立ってきました。ファンの方の中には一番最初からSKE48を応援していただいている方もいれば、私たちと同じように後からSKE48ファミリーの一員になってくれた方もいらっしゃると思います。お互いのSKE48が大好きだなという気持ちをこれからも大切にしながら、14年目も歩んでいけたらと思っていますので、これからもよろしくお願いします」とファンへの感謝を伝え、劇場、リモートで参加するメンバーたちの気持ちを一つに『大好き』を歌唱。劇場のファンもそれぞれの推しメンへ向けてサイリウムの光を灯した。


重大な発表が続いた今回のトークショー。先輩たちの抱える思いにも触れた林は「今まで先輩方が作り上げてくださったSKE48を、これからももっともっと大きくできるように頑張ります!」と力強く言葉を発し、最新曲『あの頃の君を見つけた』を爽やかに歌い上げた。SKE48、14年目もこれまで以上に注目したい一年になりそうだ。

 

【「13周年SPトークショー 〜ガイシホールで予定していた重大発表ここでします!SP 〜」発表内容】

■サンリオキャラクター クロミちゃんとSKE48のコラボグッズ展開

■須田亜香里、古畑奈和ソロLIVE開催、江籠裕奈ソロLIVE振替公演日決定

■古畑奈和、江籠裕奈のソロ写真集発売決定

■8期生、ドラフト3期生、9期生、10期生によるコンサート開催決定

■カプセルホテル「安心お宿プレミア名古屋栄店」と新曲『あの頃の君を見つけた』リリース記念のコラボルーム設置

■テレビ愛知にてSKE48 新冠番組を2022年1月スタート

■SKE48オリジナル劇場公演の制作決定


【『13周年SPトークショー 〜ガイシホールで予定していた重大発表ここでします!SP 〜』出演メンバー】
青海ひな乃、松本慈子、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香、斉藤真木子、須田亜香里、林美澪


【『13周年SPトークショー 〜ガイシホールで予定していた重大発表ここでします!SP 〜』セットリスト】
M00.overture
M01.SKE48
M02.バンザイVenus
M03.1!2!3!4! ヨロシク!
M04.チャイムはLOVE SONG

M05.恋を語る詩人になれなくて
M06.大好き
M07.あの頃の君を見つけた