10月12日23時より放送のドキュメントバラエティ『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)に、ダンサー・振付師のyurinasiaが登場する。

yurinasiaは唯一無二と言われる独創的なダンスで、企業やアーティストなどから出演オファーが絶えない今、最も注目されるダンサーの一人だ。そんな彼女が活動の拠点としているのは、故郷・福岡県にある人口約3万人の水巻町。その地元の公民館でダンススクールを運営している。2年前から始めたSNSへの“レッスン動画”が話題を呼び、田舎町に住む彼女にも大きな仕事が舞い込むようになった。今ではクライアントが遠方から福岡に撮影に来ることも。

ダンサー・振付師のyurinasiaが『セブンルール』に出演

中学生の頃、現在の活動拠点となっている公民館のダンススクールへ通い始めた。レッスンを受け始めて3カ月後には、師匠からインストラクターに任命され、瞬く間に彼女のダンスの才能は開花する。その後、数々のコンテストでタイトルを獲得し21歳で同じくダンサーの夫と結婚。今では師匠から受け継いだダンススクールを夫婦で主宰している。幅広い活動のきっかけとなった、「ダンスレッスン動画」の撮影現場にも同行。多くの人から注目を集める動画に込める思いとは。

ダンサーであり2児の母でもある彼女。ローカルに根を張って生きる自然体な姿が魅力だ。NYでも東京でもなく、福岡の田舎まちを拠点に、全国で活躍するyurinasiaの7つのルールに迫る。

そんな彼女の姿に、本谷有希子は、「カッコイイ」長濱ねるは、「センスがある人は揺れてるだけで踊れる感じがする」 と、一瞬にしてyurinajiaの魅力に引き込まれる一同。

ダンサー・振付師のyurinasiaが『セブンルール』に出演
踊りのプロとしてのスペシャルなルールが明かされていく中、青木崇高が「セリフを覚える時」の話を、長濱ねるは「ダンスで心掛けていた事」を告白。各界の異才が集まるセブンルールのスタジオらしい、一流たちのトークが繰り広げられる。