10月20日発刊の人気フリーマガジン『原宿POP MAGAZINE Vol.6』(表紙・上坂すみれ)にて、美女コスプレイヤー・すみれおじさんが正式にモデルデビューを果たした。

美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」

『原宿POP』は、旧名『原宿POPUNITED』時代から遡ると創刊8年の実績のある3万部発行のファッション誌で、原宿カルチャーやファッションを愛するユーザーへ情報を届けてきた。表紙も元・乃木坂46の生駒里奈や卒業発表をした寺田蘭世、他にもタレントの中川翔子や神田沙也加、渡辺美優紀、声優の徳井青空や竹達彩奈など人気モデルを表紙に起用するなどしてきた。

 

すみれおじさんは、ネクソンの新作ゲーム『カウンターサイド』などをはじめとした作品キャラクターのオフィシャルキャストを務めるプロコスプレイヤー。そのほかにも紫花菫(しのはなすみれ)名義で、仮面ライダーシリーズ監督の鈴村展弘監督やドラマ『99.9-刑事専門弁護士』シリーズの木村ひさし監督監修舞台に出演するなど、女優としても活躍する叩き上げの実力派だ。

昨年のコロナ禍で企画された『日中オンラインファッションショー』で同誌WEBメディアに掲載されたことがきっかけで今回の採用に繋がった。

美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」 美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」 美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」

同誌では、すみれおじさんのデビューを彩りさまざまな企画や単独ページを掲載。イベントレポート、ハロウィンパーティレポート、イラストレーターの竹内星菜とタッグを組んだ衣装制作プロジェクトの発表、写真家の清田大介やヘアメイクアーティストの高野雄一らとともに作り上げた渾身の写真作品が掲載されるなど盛りだくさんの内容となっている。

ロリータモデルとして正式デビューを果たしたすみれおじさんは、次のようにコメントを残している。


「小学生くらいのころから、ずっと大好きだったロリータのお仕事ができるなんて夢のようです。ロリータのファッションショーに出演してすごくかわいいお洋服を着れたことも嬉しかったですし、スタッフのみなさんが『自由に、好きなお洋服を着ていてもいいんだ』ということを広めようと一生懸命に働きかけて雑誌を作っているということに感動を覚えました。

ロリータ服は物語に出てくるようなドレスのようなお洋服なので、街中では奇異の目で見られることも少なくありません。だから、ロリータ好きのコたちはお洋服を買っても着る勇気を持てなかったりします。でも、好きなお洋服を着て、好きなことをするって本来誰しもが持っている自由だと思うんです。だから、私は『HARAJUKU POP』で“ロリータソロ活”をテーマとした発信を担当させていただくことになりました。

美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」 美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」 美女コスプレイヤー・すみれおじさん、ファッション誌『原宿POP』で正式モデルデビュー!「勇気を与えられる存在になりたい」

私の紹介ページで掲載していただいた作り込みの写真も『旅』をテーマにして、泊まり込みのロケへ行きました。撮影当日は土砂降りの雨でしたが、朝日が照らすころには青空が広がるなどこれからの未来を示唆しているかのような素敵な写真に仕上げていただきました。

私は引っ込み思案でお友達を作るのも本当に苦手。自分の自信のなさをメイクやファッションで塗り固めてきた一人です。いままでロリータに勇気をもらっていた側でしたが、今度は私が活動を通してみんなに勇気を与えていけるような存在になりたいです。頼りない存在かもしれませんが、読者のみなさんと一緒に外の世界へ飛び出していきたい」


同誌のWEBメディア『HARAJUKU POP WEB』では本誌掲載以外のインタビューや写真のアザーカットが順次公開される。

https://harajuku-pop.com/




【すみれおじさん・プロフィール】
東京都出身 1994年12月16日生まれ O型
T155・B92(H) W58 H88 / S22.5
特技:棍術、刀術、水泳、歌唱、ウィッグセット、メイク 
趣味:コスプレ、ゲーム、まんが、お菓子作り