10月22日発売のファッション誌「CanCam」12月号(小学館)では、日向坂46の加藤史帆を6ページにわたり質問攻め。
イニシャルA〜Zで始まる26個の質問を投げかける。

加藤は「CanCam」専属モデルとなって1年半となるが、ここまでの深掘りは初めて。きれいの秘訣やアイドル活動の話、プライベートに関する話まで、赤裸々に答えた。 時折みせる、自他共に認める『へにょへにょ』っぷり全開の回答は必見だ。

日向坂46 加藤史帆が『ハマりたい』オードリー・若林正恭について「生き方や考え方を尊敬してます」

AtoZ形式の質問「A」で語ったのは、お笑い芸人の Audrey=オードリーについて。日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』でMCを務めているオードリー。「若林さんの生き方や考え方を尊敬してます」、「春日さんはすべてにおいて全力、本気なところがすごい!」と、2人への憧れを語った。


さらに、アイドルとしての活動について聞くと「ライブで歌って踊るのが楽しいからアイドルって天職かなと思ってます」と頼もしくコメント。今年5月にリリースされた日向坂46の5th シングル『君しか勝たん』で初のセンターを務めたときの心境に触れた質問では、「ファンの方には元気なところだけを見せたいな」と答えるシーンも。思わず応援したくなる前向きな回答の数々は、まさにアイドルの鑑だ。

日向坂46 加藤史帆が『ハマりたい』オードリー・若林正恭について「生き方や考え方を尊敬してます」
その他、メンバーや家族への気持ち、大好きなディスニーやヒーロー映画についてや最近買ったぬいぐるみのことなど、『素』をさらけ出して全力回答してくれた6ページとともに、秋冬注目の映えニット5コーデを着こなした「CanCam」限定のカットにも注目だ。