アイドルグループ・わーすたが、10月20日に開催された「UNIDOL 2021 新木場大感謝祭」のスペシャルゲストとして出演し、ライブパフォーマンスを行った。

UNIDOLとは、2012年に始まった女子大生のためのアイドルコピーダンスの大会であり、今年で9年目を迎える。全国5都市(北海道・関東・東海・関西・九州)で予選を開催し、年間2万人以上を動員する日本最大規模の学生イベント。
今冬、「UNIDOL 2021-22 Winter」の開催も決定し、11月下旬より全国予選が始まる予定である。現在エントリー受付中だ。

わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演 わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演 わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演

2022年1月に閉館する東京・新木場のUSEN STUDIO COASTでUNIDOL最後のイベントに出演したわーすたは、UNIDOLでも定番曲である「いぬねこ。青春真っ盛り」を皮切りに「プリティー☆チャンネル」、「詠み人知らずの青春歌」、「清濁あわせていただくにゃー」の4曲を披露し、イベントに華を添えた。

わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演
また、UNIDOLではお馴染みである「静恵一(サミットクラブ)」と「T-face/イタタカオ」がMCを務め、軽快なトークで会場を盛り上げた。二人のトークでUNIDOL出場者・観客は新木場での数々のUNIDOL名場面を思い出したことだろう。

わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演
オープニングアクトとして、UNIDOL出場者が働くライブカフェアンドバーの「AMASTAGE」のキャストが登場。秋葉原、なんば、栄の全国三都市から集結したキャスト達がこれから始まるお祭りへの期待感を膨らませるパフォーマンスを披露。

わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演 わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演 わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演 わーすた、UNIDOLの聖地・新木場ラストイベントにゲスト出演
全国から集まった総勢40チーム230名のUNIDOL出場経験者がそれぞれ会場への想いを込めてパフォーマンスをした。大会に向けてチームの仲間と共に練習した日々、大会が中止になり悔しい思いをしたこと、最後に「夢見たステージ」でパフォーマンスを披露出来る喜び、そして、UNIDOLの聖地・USEN STUDIO COASTへの感謝。様々な気持ちがステージ上でぶつかり合い、会場は熱狂に包まれていた。


全国からUNIDOL出場経験者、応援してきたファンがUSEN STUDIO COASTに集結し、華々しく開催された本イベント。
憧れの夢舞台で開催された「UNIDOL 2021 新木場大感謝祭」は夢の終着点ではなく、新たな夢への出発点としてUNIDOLに関わった全ての人の想いを載せて盛大に幕を閉じた。

なお、UNIDOL実行委員会では11月下旬より冬の全国大会である「UNIDOL 2021-22 Winter」の開催を予定しており、新たなステージにむけて一歩踏み出している。