「バズリズムLIVE 2021」のDAY3(最終日)公演が11月7日(日)、神奈川・横浜アリーナで開催され、5組のアーティストが4時間20分に渡って競演した。

「バズリズムLIVE」は日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」が発信する音楽イベント。2015年以来、毎年開催され7回目の今年は初めて3日間で行われた。DAY1(11月5日)はジャンルの異なる3組のアーティストが出演する異種格闘技戦ライブ。DAY2(11月6日)はダンス・ボーカル系の5組。最終日のDAY3はバンド系の5組が出演。
入場時の検温、全員のマスク着用、公演中は声を出さない、間隔を空けての座席配置と、徹底した新型ウィルス感染予防対策が施され中で「バズリズムLIVE」DAY3は幕を開けた。

【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る! 【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る! 【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る!
「バズリズムLIVE 2021」の大トリを務めるのはsumikaの4人。2018年、2019年に続いて3度目の出場だ。冒頭はSumikaのライブ恒例の登場SE『ピカソからの宅急便』が場内に鳴り渡る。オーディエンスも早速クラッピングで応じる。オープニングSEの時点でsumikaのライブは始まっているのだ。ボーカルの片岡健太からの「光栄な大トリ、張り切って始めます!」を合図に演奏がスタート。1曲めは彼らのメジャーデビュー・シングル「フィクション」を持ってきた。この曲は初めて「バズリズム02」に出演したときに演奏した思い出の曲。『あの頃(2018年)は、まだテレビ局の人たちに対して警戒感あったけど、「バズリズム02」に関わってる番組スタッフの人たちは自分たちの味方なんだなと実感しました』と当時を思い起こし、「だから、今年いちばんいいライブやります!」と宣言。「ふっかつのじゅもん」「イコール」「願い」と彼らの定番ナンバーを惜しげもなく披露。

【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る! 【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る! 【ライブレポート】sumika、新曲携え「バズリズムLIVE 2021」大トリを飾る!「新曲やります!」と5曲目に演奏した「Babel」は12月1日にリリースする最新シングル「SOUND VILLAGE」収録曲。ここでメンバーはステージを降り、片岡健太はDJと共に新曲を歌う。片岡が「バンド・サウンドではないものをやってみようと、好奇心でやってみました」と話す、クラブ・ミュージックの趣きがある異色のナンバーだ。メンバーは再びステージに戻る。「バズリズム02という番組がライブをやってくれて、こうしてあなたがここへ足を運んでくれた。それが大事だと思います。あなたの心をバズらせるべく、命削っていいですか?」とラスト・ナンバー「Shake&Shake」に突入。とびっきり楽しいパーティー・チューンだ。客席はこれ以上ないという程、ヒートアップ。さながら巨大なパーティー会場のよう。メンバーも渾身の演奏でオーディエンスに応え35分の熱演を締めた。


「バズリズムLIVE 2021」の模様は日本テレビ「バズリズム02」で11月26日(金) 、12月3日(金)、10日(金)の3夜に渡って放送予定。Huluでは12月11日から独占配信も決定。またCS放送の日テレプラスでは12月25日(土)にバズリズムLIVE 2021の3日間のライブを7時間半に渡って放送が予定されている。