2021年11月22日、神奈川・横浜ランドマークホールにて「2021ミセスSDGsジャパン日本大会」が開催され、グランプリに京都代表・宇水遥佳さんが選出された。


「ミセスSDGsジャパン」は、「女性の力でSDGs(持続可能な開発目標)を拡め、より早い目標達成を目指す」ことをコンセプ トとし、SDGsの達成と何歳になっても輝き続けたい、女性達をプロデュース、応援を目的としている。北海道から沖縄を代表する18名(SDGsの項目に合わせた人数)の女性達が日本大会へ出場。その中から世の女性の目標になる女性1名を決定する。

『ミセスSDGsジャパン』初代グランプリは宇水遥佳さんに決定
グランプリに選ばれた宇水さんは、「これから一年間SDGsの活動をしていきたいと思ってます。そして今日一緒に参加したファイナリスト18名のみなさんともれからもこの大会を機に活動していける仲間になって頂ければ嬉しくおもいます。これからもよろしくお願いします」とコメントを寄せている。