BTSが2年ぶりにオフラインコンサートで全世界のファンと会った。

BTSは現地時間の27日~28日(以下、現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」を開催する。 BTSのオフラインコンサートは、2019年にソウルで行われた「'2019 BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' [THE FINAL]」以来2年ぶりだ。

「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」はタイトルにも使用されているBTSの曲「Permission to Dance」のメッセージのように、どこにいても誰でも一緒に踊ることが許されたという喜びを込めたお祭りとなっている。

BTSは先月24日にオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を開催し、新しいツアーシリーズを披露した。 これまで、非対面に行われてきたコンサートでの残念な気持ちが、今回の公演を通じて吹き飛ばされる予定だ。 ファンが長い間待っていた対面コンサートであるだけに、今回のコンサートは予約販売開始と同時に全席売り切れとなり、全世界の熱い関心を証明した。

「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」は、前回のツアーシリーズより一層アップグレードしたステージセットと構成、そしてBTSならではの華麗なパフォーマンスが調和し、ファンに豊かな見どころを提供する予定だ。 特に、今回のLA公演でBTSはオンラインコンサートでは見られなかったステージとともに、一部のセットリストに変化を加え、多様なパフォーマンスを披露する見通しだ。

また、今回の公演ではスクリーンを通じてリアルタイムでコンサートを視聴できる「LIVE PLAY in LA」イベントも用意されている。観客はアメリカ・ロサンゼルスにある専門公演場「YouTubeTheater」に設置された大型スクリーンでコンサートを観覧することができ、ここでも応援棒のアミボムをつなげて臨場感を満喫することができる。

一方、「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」の最終公演(12月2日)は、ファンコマースプラットフォームのWeverseショップで利用券を購入後、提供された生中継のリンクを通じて視聴することができる。詳細についてはWeverseショップで確認できる。