俳優の青木瞭が、本日HMV&BOOKS SHIBUYAで、初となる写真集「群青」(KADOKAWA)の発売記念イベントを行った。

今作は、「仮面ライダーセイバー」やドラマ「真犯人フラグ」で人気急上昇中の俳優・青木瞭の初写真集。
青木自身が「原点を思い出し、素の自分になれるシチュエーション」として人里離れた沢や森の中での撮影や、馬と触れ合い乗馬するシーン、また、海で感情を露わにした、エモーショナルなカットなど、ざまざまな表情を切り取り凝縮した一冊となっている。

初の写真集となるが、実際に出来上がっての感想を聞くと、「今作の出来上がりを見て、衣装、髪型、メイクから全てかっこよくて、最高の写真集ができました。」と自信を見せる。

青木瞭、1st写真集「群青」発売記念イベントを開催

今作のタイトル「群青」と付けた理由を聞くと、「自分の名字の青木の青を入れつつ、撮影の3日間がずっと晴天で、天気がよかったんです。そこで、空や海などの青さ、そして、自分もよく笑うタイプなので、明るいイメージにできたら」とその想いを語った。

今作の撮影は、夏に福島で撮影したという。中でも海での撮影がお気に入りというが、「海では表情や光の加減などが一番印象的でした。それ以外にも、夜に人生初の流れ星を見たんです。ただ、願い事をする間もなく消えてしまいました。もし、今から願い事を言えるのなら、自分自身も写真集も売れますようにお願いします。」と撮影時の思い出を振り返った。

クリスマスが近いことから、クリスマスの予定を聞かれると、「ありがたいことにお仕事です。理想のクリスマスは、イルミネーションとか好きなので、綺麗なイルミネーションデートとかいいなと思います」とコメント。

青木瞭、1st写真集「群青」発売記念イベントを開催

最後に、2021年を振り返り、2022年への抱負を聞くと、
「仮面ライダーを卒業して、そこからすぐに現在のドラマも決まったりして、いい1年間だったなと思います。2022年は、引き続き俳優として、役者として主人公や代表作となる作品に出会えたらいいなと思います。そして、笑顔のまま楽しんで過ごしていきたい」と決意を語った。


青木瞭 1st写真集「群青」
定価:3,520円(税込)
制作:KADOKAWA