12月26日、TOKYO DOME CITY HALLにて開催中の「ICheck Presents SUMMER MADA FES 2021」にシンガーソングライターのHIPPYが出演した。

HIPPY、「音楽が心の燃料になりますように」夏への願いを込めたステージで魅了 <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021> HIPPY、「音楽が心の燃料になりますように」夏への願いを込めたステージで魅了 <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021>

広島出身の男性シンガーソングライター・HIPPYは夏をイメージした短パン&はだしの姿でステージに登場。MCでは楽屋で待っている間、長ズボンを脱ぎ着した苦労を明かし会場の笑いを誘った。

HIPPY、「音楽が心の燃料になりますように」夏への願いを込めたステージで魅了 <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021> HIPPY、「音楽が心の燃料になりますように」夏への願いを込めたステージで魅了 <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021>

「来年の夏はどこかのフェスで歌いたい。広島の風を全国に吹かせたい。音楽が心の燃料になりますように」と熱い思いを込めた2曲目には、プロ野球「横浜DeNAベイスターズ」の倉本寿彦選手らがホームゲームでの登場曲に供するなどして注目された「君に捧げる応援歌」を熱唱。ソウルフルな歌声で会場を魅了した。


当フェスは、コロナ禍ということもありなかなか外出も出来ず、2021年の夏を家族で楽しんだ記憶も思い出もない状況をなんとかしたいという思いから誕生した。また、特別協賛としてICheckが決定。コロナ対策のエキスパートがパートナーとしてこのイベント実施を支えている。

(テキスト:Ayano Nishimura)