12月26日、TOKYO DOME CITY HALLにて開催中の「ICheck Presents SUMMER MADA FES 2021」にボーカルデュオ・D-51が出演した。

D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021> D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021>

エコフェストークなどを挟み始まった後半戦は、沖縄出身のデュオ・D-51で幕開け。俳優の仲間由紀恵らが出演したテレビドラマ「ごくせん」の主題歌に抜擢され大ヒットした『NO MORE CRY』などで会場を熱く揺らした。

D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021> D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021>

ライブのために沖縄から上京した2人は「寒さにビビっている」と苦笑い。「次の曲で沖縄の青い海、太陽の日差しを感じて」と呼びかけると夏の日差しのようなライトが輝く中で、『BRAND NEW WORLD』を披露した。

D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021> D-51、寒さを吹き飛ばす熱いステージを披露! <ICheckPresents SUMMER MADA FES 2021>
年明け2月13日には沖縄・桜坂劇場Aホールで3人組ロックバンド・seven oopsと2マンライブ「chanpuru new world2022 vol.1」を行うことが決定している。


当フェスは、コロナ禍ということもありなかなか外出も出来ず、2021年の夏を家族で楽しんだ記憶も思い出もない状況をなんとかしたいという思いから誕生した。また、特別協賛としてICheckが決定。コロナ対策のエキスパートがパートナーとしてこのイベント実施を支えている。