12月28日、「第72回NHK紅白歌合戦」(19時30分〜23時45分、NHK総合ほか)のリハーサルに日向坂46が登場した。

2019年の「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場し、今年で3年連続の出場となる日向坂46。今年は加藤史帆がセンターを務めた楽曲『君しか勝たん』を披露する。

リハーサル後に報道陣向けの会見には佐々木久美、齊藤京子、加藤史帆、金村美玖、丹生明里、河田陽菜の6名が登壇。今年の紅白についてキャプテンの佐々木は「デビューから3連続3度目の紅白出場で、デビューからずっと出させていただいているので大変嬉しく思っています。今年も日向坂46らしく2021年の集大成となるステージを届けたい」とコメント。

紅白で楽しみにしていることについて記者から聞かれると、佐々木は「カラフルなステージを届ける予定なのでとても楽しみです」と笑顔を見せた。また、『君しか勝たん』のセンターを務める加藤は、「毎年紅白のステージに上がると、緊張して頭が真っ白になって一瞬で終わってしまっているんです。今年こそはステージに立って、パフォーマンスを楽しみたい」と語り、「日本中のみなさんに『日向坂しか勝たん』と思えるようなパフォーマンスをしたいです」と意気込んだ。

また「今年一年を漢字一文字で表したら?」という質問に齊藤は【歌】と答え、「個人的にもグループでも歌わせていただける機会が多かったです。本当にたくさん歌わせていただいて、メンバーもボイトレをすごい量したので選ばせていただきました」と理由を明かした。

25日には恒例のクリスマスライブ「ひなくり2021」を成功させた日向坂46。金村はライブについて触れながら、「おひさま(※日向坂46のファンの名称)から今年一年パワーをもらえた一年だったので、支えられた分、『ありがとう』の気持ちを紅白で伝えられたらいいなと思います」とコメント。

改めて意気込みについて聞かれた丹生は、「来年の3月には東京ドーム公演も控えていますので、その時に最高のパフォーマンスができるように、ドームにたくさんの人が来ていただけるように、紅白歌合戦を通して日向坂46をより好きになってもらえるように頑張ります」、河田は「すごくすごく紅白の舞台は緊張するんですけど、一年の集大成としてファンの方やスタッフのみなさんに感謝を伝えられるようなパフォーマンスができたらいいなと思います」とそれぞれ意気込みを述べた。

「第72回NHK紅白歌合戦」は2021年12月31日の大みそか、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて19時30分より放送。