12月30日、東京・新国立劇場にて開催されている音楽賞「第63回 輝く!日本レコード大賞」 の最終選考会に、純烈が出演しライブパフォーマンスを披露した。

【レコ大】純烈、『君がそばにいるから』でファンへ感謝のパフォーマンス!『どっきゅんどっきゅんダンス』も生レクチャー <第63回 輝く!日本レコード大賞> 【レコ大】純烈、『君がそばにいるから』でファンへ感謝のパフォーマンス!『どっきゅんどっきゅんダンス』も生レクチャー <第63回 輝く!日本レコード大賞> 【レコ大】純烈、『君がそばにいるから』でファンへ感謝のパフォーマンス!『どっきゅんどっきゅんダンス』も生レクチャー <第63回 輝く!日本レコード大賞>

純烈は『君がそばにいるから』で優秀作品賞を受賞。優秀作品賞は3年連続の受賞となる。


今年はファンから様々な面で支えてもらったという純烈。メンバー唯一の独身・後上翔太は「大量のインスタント食品をいただき。食生活からファンの方に支えてもらえました」と明かした。また、ステージには振り付けを担当したDA PUMPのTOMOとU-YEAHも登場。小田井涼平命名の『どっきゅんどっきゅんダンス』の生レクチャーを行なった。